eyecatch

サラリーマンの星?!六本木では「あやまんJAPAN」より人気な「リーマンマイク」がメジャーデビューしたらしい|石井リナ(連載18)

2015 12.17

こんにちは。石井リナです。

最近、なにやら六本木界隈では「あやまんJAPAN」よりも人気な「リーマンマイク」という新興勢力ができているという噂をキャッチしました。

サラリーマン集団なのに、自らミュージックビデオを作成してYoutube配信したり、「あやまんJAPAN VS リーマンマイク」と題したイベントを行うなど、なかなか精力的な活動をされている様子。また、新人アーティストの登竜門とされる「出れんのサマソニ2014」にも出場し、本格的なアーティスト活動をされているそうなのです。

しかも本企画を検討している最中に (12/16現在)、なんと、テラスハウスで有名な「今井華」さん率いる渋谷のギャルモデル達と共演した新曲がavexからメジャーデビューしたというニュースも飛び込んできました…!!!(詳しくは後ほど)

これは「ほっとけない!」ということで、彼らのことを緊急調査してみたところ、見つけたFaccebookページがこちら

詳しく見ていくと、下記の様な紹介文が掲載されていました。 「史上初!サラリーマンの、サラリーマンによる、サラリーマンのための、リアルHIPHOP!名刺をマイクに持ち替えて、ストリート(会社)から全国のOLちゃんたちへお届け!」 ………何なんでしょう。本当にアーティストなのか、疑問は深まるばかりです。

そして、彼らの代表曲であるという「合コン歌」

参照:https://www.youtube.com/watch?v=56UMbgdTHo0

「テキーラ好きならじゃあOK」って……「読モ。受付。アパレル。」って………なにこれ。ヤバイ。ヤバ過ぎる……。

一体どうヤバイのかは、ミュージックビデオをご覧頂ければ分かるかと思います。一部の真面目じゃないサラリーマンのみなさまは共感していらっしゃるかもしれませんね。

私の連載のテーマは主に「Fashion×SNS」ですが、ファッションとは全然関連性のない彼らに、今回は個人的な興味で突撃インタビューしてきました。メンバーの「石原ロックフェスティバル」さんに、リーマンマイクの正体や、SNSの運用、今後の展望についてお聞きしていきます。

「クライアントとOLちゃんは神様」が彼らのモットー

リナ:はじめまして。まずはメンバー紹介をお願いします。

石原ロックフェスティバル:リーマンマイクが8人で、OLマイクが6人です。リーマンマイクが「EXILE」で、OLマイクが「Egirls」と考えて頂ければ分かりやすいかと。

リナ:な、なるほど……。

石原ロックフェスティバル:リーマンマイクのメンバーはラップ担当が6人いて、風紀委員の「ぎょうざくん」、給食係の「むぅちゃん」、飼育係の「さそけんぴ」、登校拒否の「神秘」、年少さんの「二代目」に、私、トイレ掃除の「石原ロックフェスティバル」といった顔ぶれです。このほかにDJりつじん、映像の瀧を加えた、計8名で活動しております。

リナ:「リーマンマイク」という名前には、何か由来があるんですか?

石原ロックフェスティバル:由来は諸説ありますが、「マイク」の意味は皆さんがご想像している一般的なマイクではなく、どちらかというと“男性器の象徴”という説が有力ですね。

IMG_9470_R

リナ:(初対面の女子に何を言っているんだ……。)では、活動内容や活動頻度を教えて下さい。

石原ロックフェスティバル:主な活動内容は「友人の結婚式2次会の余興」です。ただ、最近は活動の幅を広げておりまして、「公園での鳩の餌付」にも精力的に取り組んでおります。

リナ:えっと、本当にサラリーマンなんでしょうか?

石原ロックフェスティバル:見て頂いてお分かりの通り、私は超一流企業勤務のエリートサラリーマンです。ただここだけの話、実は「窓際族」ですので、アーティストと仕事の両立も大変ではありませんね。むしろ仕事ください。
 IMG_9495_R

リナ:エリートサラリーマンの窓際族……。なんとも難しいポジションですね。ちなみにリーマンマイクのコンセプトや想いはありますか?

石原ロックフェスティバル:コンセプトは特にありませんが、ただ「クライアントとOLちゃんは神様」という想いだけは、誰にも負けない自信があります。

リナ:(確かにこの人たちのミュージックビデオにOLちゃんがよく出てくるな……(遠い目))

メジャーデビューに合わせて Instagramも開設

リナ:リーマンマイクのSNS運用といえば、Facebookページと、Youtubeチャンネルをお持ちですよね。そろそろSNSのお話を伺わないと、kakeruで記事に出来ないのでSNS運用のポイントをお聞きできればと思います。

石原ロックフェスティバル:いい質問ですね。ポイントは大きく3つあります。

IMG_9538_R
1.コンプライアンス
我々サラリーマンの最低限のマナーとして留意しております。

2.知性と品格
お気付きのことと思いますが、私IQ140の天才なので、知性と品格に関しては気をつける、というよりは自然に滲み出ているかと思います。

3.OLちゃん愛と、動物の気持ち
OLちゃん愛が大事なのは言うまでもありません。また最近、我々の独自調査により「OLちゃんは可愛い動物が大好き」ということが分かりましたので、Facebookに投稿する際は、カワイイ動物の気持ちになりきって書き込みをしております。ちなみに私は、赤ちゃんパンダの気持ちになりきることが多いですね。

リナ:(赤ちゃんパンダって言われてもOLはうずかないと思うけど。)そうなんですね。Facebookページだと1,200ほどのいいね!を獲得していると思うのですが、どのようにいいね!を増やしていったのでしょうか?

石原ロックフェスティバル:最初は友人にページにいいね!を強要していたのですが、しつこくやりすぎたため、「いいね!の押し売り業者」というアダ名が付けられました。当時は、見る見るうちに友達が減っていきましたね。その後ファンが徐々に増えていったのですが、きっかけはやはり、代表曲「合コン歌」のリリース、後はサマソニのビキニ出演、あやまんJAPANさんとの対決、日刊スパの取材掲載等のタイミングです。全て下世話な内容ですね。大衆の品位のレベルが伺い知れます。
Facebook2

リナ:(品位を下げるコンテンツを提供しているのはむしろリーマンマイクさんサイドなのでは……。)グラフを見ると、あやまんJAPANさんとのイベントや、日刊SPAのメディア露出が増えるとFaecbookページのいいねが増えている様子がはっきりとわかりますね。SNS運用は具体的にどのように行われているんですか?

石原ロックフェスティバル:もうお気付きかと思いますが、私は「窓際族」ですので、業務時間の大半をトイレの中で過ごしております。ですので、運用はもっぱらトイレの中でやっております。そういう意味では、更新のタイミングは私が用を足している時間と思って頂ければ結構です。

図1

リナ:(この人、ガチで窓際族なのかな……?なんか麻痺してきた……。)今、世間ではInstagramが流行っているかと思いますが、こちらは運用されないんでしょうか?

石原ロックフェスティバル:そうですね。やはりInstagramは、我々の「外見の魅力」しかお伝えできないので、少し不十分かなと思っています。

リナ:(なんかもう………)あ、えっとでも、やらない理由もないのではないでしょうか…?

石原ロックフェスティバル:……やりますか。
    
ーー後日メジャーデビューに合わせてInstagramを開設したとの連絡が!ーー
しかもわりと凝っている……!インスタネイティブなアカウント…!

1
是非みなさまこちらもチェックしてみてくださいね。リーマンマイク公式Instagram(@riemann_mic)

テラスハウス「今井華」と「渋谷合コン歌」でメジャーデビュー!

リナ:つい先日、「今井華」さん率いる渋谷のギャルモデル軍団と共演した新曲MVが公開されましたね!こちら企画はどういった経緯で実現したのでしょうか?

参照:https://www.youtube.com/watch?v=d9l3j-flK3k

石原ロックフェスティバル:詳しい話は、大人の事情で話せませんが、リーマンマイク側の「死ぬ前に一度で良いから、渋谷のギャルと合コンしたい」という強い想いが、関係者皆さまの心を動かし、実現したとだけ言っておきます。今なら胸を張って言えますね。「夢は叶う」と。

リナ:そ、そうなんですね、分かりました。ちなみに、今後コラボレーションしたい人・アーティストなどはいらっしゃいますか?

石原ロックフェスティバル:スーザン・ボイルくらいですかね。

リナ:ぶっ(吹き出す)

石原ロックフェスティバル:我々はHIPHOP、ラップグループというイメージが強いかもしれませんが、私自身はル・クプルさん、キロロさん、花*花さんの大ファンです。

リナ:(年代的にルクプルさんが分からない……。)ちなみに今後の展望などはあるのでしょうか?

石原ロックフェスティバル:個人的には、今年中に再就職先を見つけたいです。履歴書には自信があるので、何とかそこでごまかしたいですね。是非このスーパーエリートを雇ってみたいと言う方はご連絡頂ければと思います。場合によっては、国政に打って出ることも視野に入れておりますので、幅広い方からのお声がけをお待ちしております。
IMG_9491_R

リナ:(もうダメだ……どこにツッコんでいいのか分からない……。)本日はお忙しい中お時間頂きありがとうございました。

実際に会ってみたところ、なんだかとんでもない人たちでした……。でも、私の人生経験にはなったかな、と思います。 ちなみに、曲はやみつきになるほど面白いので、是非皆さんも見てみてくださいね。あ、電車内での閲覧はおすすめしません。

それではまた!


PAGE
TOP