IMG_3738

ひとがIngressをやってしまう5つの理由とは|イングレス初心者講座 わんこ団子(連載02)

2015 5.18

まいどです。イングレ田村です。僕を見かけたら「イングレ田村さん」と呼びかけてください。喜びます。

 

はい、せっかく初心者講座の連載をはじめたので、まずルールとかアイテムの説明とか書こうと思ってました。

でも、ちょとまてよ、と。それはみんながIngressを始めたあとに知りたいことなんじゃないかな、と。

その前に、Ingressのことを知らないあなたに、なんでIngressというゲームをみんなやってるのか、外に出たら延々とやってしまうのかを書きたいなぁ、と。なので今回はIngressユーザー(エージェントといいます)がIngressをやる理由を完全独断偏見で書きます。反論は受け付けません(キッパリ

 

1.ドラクエみたい(FF派のひとごめんなさい)

Ingressは基本「陣地取りゲーム」です。敵をやっつけ、陣地を取るための作業をコツコツしていると、経験値(AP)がもらえます。経験値がたまるとレベルが上がり、強い武器が使えるようになります。やればやるほど強くなる、この感覚はドラクエです。
IMG_3744
ドラクエやってて「よし、あの町まで行ったら今日はやめよう!」と一旦決心したにもかかわらず、町に着いたら着いたで「うわ、次のレベルまでもうちょっとや!レベル上がるまでやろう!」とかなって全然やめられない。あんな感覚でずるずるずるずる続けてしまうのです。ボスとかはいませんが。

 

2.普通に生きてたら絶対に行かないようなとこに行っていろいろ発見する

家とか職場から微妙に遠いところとか、普段なら入らないような路地の向こうに拠点(ポータルという)があったりします。Ingressをやり始めるとしょっちゅう行くようになります。身近なのに全然しらなかったお店や、歴史上の名所などに遭遇することがあり、人生トクしたような気分になります。

 

3.爽快

敵地のまっただ中で爆弾(Xmp Burster)をぶっ放すあの爽快感。鳥谷が逆転満塁ホームランを打ったときのような快感が。どっかーーん!!!
IMG_3738
(この瞬間が恍惚)

 

4.旅のおもひで

仕事柄、結構地方に行くんですけど、その度に各地でマーキングしてきます。

宮古島とか
IMG_3739

鹿児島とか
IMG_3740

そうそう、もちろん甲子園球場も♪
IMG_3741

ヘビーなユーザーはIngressやるために遠征したりします。人を呼びたい地方のみなさん、これ使わない手はないですよほんとに。まず自分がやってみないと意味わかんないですけどね。

>>Ingressを地元の活性化に活用している事例

 

5.めっちゃ歩く

これ最初は全然感じませんでした。っていうか、ポータル求めて歩きまわり、足がだるくて疲れ果てたり。それが今では知らん間に1日10kmとか歩くようになりました。(あ、仕事の日はそんな時間ないですよ。念の為)

僕はガリガリなので「運動せなあかん!!」とか考えたこと、あんまりありません。でも結構な運動量になります。それも運動をしているという意識はまったくなく。ジムとか行くよりええんじゃないでしょうか。

 

—————–
これ、聞いてるとなんかIngressって良さそうやと思いません???ただ、このゲーム、最初ちょっとよくわからんのです。画面開いたら青いのと緑いのがぼやーーんと立ってて、一応GPSと連動して近づいたりできるけど…みたいな感じで。

もしあれならいろいろお伝えしますんで、一緒にやりましょうぞっ!!!

 

 

ではまたお会いしましょう。イングレ田村でした。

 

 


PAGE
TOP