1

ミクチャ動画の作成に1ヶ月かけるのは当たり前?! 合計フォロワー15万人、ミクチャ・ツイキャスのインフルエンサーと対談してきた(前編)|石井リナ(連載12)

2015 10.29

こんにちは。石井リナです。

先日、専門校のバンタンデザイン研究所にて、「10代が学ぶべき最強SNS講座」と題して、トークセッションをしてきました。スピーカーは、MixChannel(以下ミクチャ)で大人気、Instagramのフォロワー数も10万人超のきりまるちゃん(17)と、ツイキャスやTwitterで固定ファンが多く、755でも公式アカウントを持つ岩田響耶くん(21)。そして、SNSコンサルタントであり、若年層のSNSにも精通しているということで、私、石井リナを加えた3名で行いました。司会進行はバンタンデザイン研究所の山田マシャさんでした。

参加者は14歳~19歳までの10代限定で、とってもピチピチな女の子たち。いま実際にどのSNSを使っているのか、ミクチャでは何をしたら人気者になれるのか、SNSの中でも◯◯は使わないなど、リアルすぎる話が聞けて、私自身とても面白かったです。オトナのみなさまは、ぜひ頭をからっぽにして読んでくださいね。衝撃の数々かもしれません……。(笑)

===========

【スピーカー】
kirimaru
きりまる(17)
MixChannelのカップル動画から人気に火がつき、Instagramのフォロワーは12万4,000人。ヘアメイクのハウツーをツイキャスで配信したり、飾らない高校生のリアルライフをInstagramで投稿するなどスマホネイティブなインフルエンサー。
Twitter:@fwafwa7
Instagram:@
kirimaru0103


岩田響耶(21)
755の公式アカウントを持ち、Twitterのフォロワーは21,000人。ツイキャスでは、そのフランクな性格から人気に火がつき、固定ファンも多い。俳優を目指し、イベント参加や、サロンモデルとして活躍中。
Twitter:
@kyoya_0406
Instagram:@
kyoya_0406


石井リナ(25)
WEB広告のコンサルタントを経たのち、SNSコンサルタントとして企業のマーケティングに従事。学生時代よりファッション誌の広報インターンとして、リアルイベントの企画・運営をするなど、F1層マーケティングを得意とする。
Instagram:@rina_ishii_99
Twitter:@rina9601

【進行】

山田マシャ(バンタン)
ファッション専門校「バンタンデザイン研究所」にて3,000人を超える生徒を指導。最新トレンドを意識した独自のファッションビジネス授業を年間30本以上プロデュース。SNSはInstagramがメイン。最近はSnapchatにハマっている。
Instagram:@yamadamasha
バンタンデザイン研究所 HP:www.vantan.com

===========

mixiは知らないし、Facebookは難しいからやらない

山田:今日はおよそ50人ほどの10代(14歳~19歳)のみんなが集まってくれています!参加しているみんなはぜひ色々なことを吸収して帰ってくださいね!

10代のみんな:はい!

リナ:2人のこと色々知りたいので、私はスピーカーというより、どんどん質問していっちゃいますね。

きりまる響耶:分かりました!

山田:まず、SNSを始めたきっかけって何なのかな?

きりまる:
ただ、周りがやってたからですね。

IMG_9872_R

リナ:じゃあ最初に始めたSNSって何だった?

きりまる:最初はTwitterで、その後がInstagram
(以下:インスタ)ですね。

リナ:きりまるちゃんと言えばMixChannel(以下:ミクチャ)のイメージだったので、Twitter→ミクチャかと思ってた!

山田:ちなみに、響耶くんが最初に始めたSNSは?

響耶:僕はmixiですね。

リナ:ああ!世代が近づいてきていて嬉しいです。私は前略プロフィールからのmixiでしたね。

山田:きりまるちゃんmixi知らないでしょ。

きりまる:知らないですね。

リナ:えー!本当に知らないの?衝撃なんですが……。

きりまる:でも、デコログはやってましたよ!

山田:ちなみにmixi知ってる人?

(50人中、5、6人が手を挙げる)

山田:知ってる子いた!使ってる人は?

(1人も手を挙げない)

リナ:もう、そういう時代ですよね。じゃあ、Facebookを使ってる人はいますか?

(2、3人が手を挙げる)

山田:きりまるちゃんと響耶くんもFacebookはしてないの?

IMG_9756_R

きりまる:うーん、難しいんですよね。

響耶:そうそう。見方がわからない。何で何日も前の投稿が1番上に出てくるのかが分からない

きりまる:あと、知らない人から友達申請がたくさん来て、出会い系なの?って思った

リナ:知らない人から友達申請来るのはきりまるちゃんが人気者だからかもね。

 

カップルでの「イチャイチャ」動画が、人気に火がつく秘訣?!

山田:なんでこんなフォロワーがいるの?Twitterのフォロワーは96,000人とかだよね。

きりまる:Twitterのフォロワーはミクチャのフォロワーの子たちが流れてきているんだと思います。ミクチャを始めたきっかけは、ただ動画を作るためだったんですが、そこで公開できることを知って、1回あげてみたらすごく好評で、そのまま続けていまに至るって感じですね。多分かいまーる(※1)の影響も大きいかなと思ってます。

リナ:ミクチャだとカップル動画が人気だし、有名なカップルとかも多いよね。

山田:カップルで人気が出るっていうのはSNSとしても面白いよね。響耶くんもツイキャスで、カップルキャス(※2)をやってたよね?

響耶:やってましたね!

リナ:人気が出たのは、カップルキャスでって感じかな?

響耶:そうだと思います。そう考えると境遇がきりまるちゃんと一緒なんですよね。

リナ:投稿内容はどんなこと挙げてたの?

響耶:くだらないことですね。あとは、ヘアセットの方法とか配信してました。

リナ:そうなんだ!カップルキャスっていうから、てっきりミクチャの様な、「イチャイチャキャス」かと思いました。(笑)

響耶:チューしてると閲覧数増えるので、イチャイチャしてるのは、ミクチャ以外にツイキャスでも多いんです。でも、僕は全然してなかったですね。

リナ:チューで閲覧数が伸びるって……!ミクチャやツイキャスで人気が出るには「カップル」や「イチャイチャ」っていうのが鍵なのかもしれないですね。

※1 きりまるちゃんと一緒にカップルコンテンツで人気が出た元彼
※2 カップルでツイキャスをすること

IMG_9947_R

山田:この中で、カップル動画あげてる子いる?

(誰も手をあげない)

山田:恥ずかしいのかな?

きりまる&響耶:いや、そんなことはないんじゃないですか?

リナ:ちなみに私は高校生時代に、前略プロフィールのTOP画を彼氏とのプリクラにしてました。(笑)その当時は、彼氏とのチュープリ(チューしているプリクラ画像)をTOP画にしている子とかもいて、それがレベル的にはMAXでしたね。それが、今でいうミクチャのチュー動画なんだと思ってます。

山田:なるほどね。確かにそうかもしれない。

1番アクティブなSNSはTwitter

山田:いろんなSNSを使っていると思うんだけど、Twitterとインスタにあげる投稿内容って違ったりする?

きりまる:インスタの方が写真をあげやすいので、友達と遊んだときはインスタですね。Twitterにはあんまり写真をあげたくないので、あげないです。なんでだろう。

リナ:じゃあ、1番触っている時間が長いSNSは?

きりまる:Twitterが気軽なので、Twitterですね。インスタは、開くの忘れてた!と思って開くことが多いです。(笑)インスタは遊んだときにしかあげないですね。

kirimaruinstagram

山田:響耶くんも最近インスタ始めたよね?

響耶:みんなやってるから始めました。インスタは確かに開くの忘れちゃうんで、触っている時間が1番長いのは僕もTwitterですね。

リナ:1番がTwitterで2番がインスタ?

響耶:そうですね。

リナ:じゃあ2人とも、Twitterやインスタを見て買い物とかにも行くのかな?

きりまる:それは全然ないですね。ショップに見に行って、気に入ったら買うって感じです。

リナ:そうなんだ、意外!お手本にしている人とかはいないのかな?

きりまる:あんまりいないんですよねー。

響耶:僕も見に行って買うので、誰をお手本にするとかはないです。

リナ:やっぱり、最近の若い子には、自分のアイコンがいない子も増えている印象があります。誰かを模倣するっていうファッションじゃないのかもしれないですね。

山田:そうだと思うよ。雑誌も全然売れてないし、モデルへの憧れも減ってる様に感じるよね。

友達の誕生日に、ミクチャの動画をプレゼントする

山田:きりまるちゃんの人気に火がついたのってミクチャだと思うんだけど、気をつけてたことってある?

きりまる:私は不器用なので、撮ってた写真をミクチャに入れて、繋げてただけでした。でも写真をつなげるだけだとつまらないんだなと気付いたので、画像と画像の間に、動画を入れて繋げてました。

リナ:カップル動画はイチャイチャしてる方が閲覧数増えるって言ってたけど、それは意識してアップしてたのではなく、イチャイチャしてる内容のものが自然と多くなってた感じなのかな?

きりまる:そうですね。そのときは特に意識してなかったです。

山田:Kakeruでも、ミクチャの記事あったよね?

リナ:あ、この記事(⇒”カップル共同アカウント”の謎に迫る。ミクチャ(MixChannel)で人気の高校生カップルに会っていろいろ聞いてきた)ですね。新卒の子たちが聞きにいってくれてて、マーケッターの人たちから反響のあった記事です。「何でミクチャやってるの?」とか、「カップル動画あげるの恥ずかしくない?」とか聞いてて。この中に「イチャイチャしているつもりはない」っていう内容が出てくるんですけど、でもイチャイチャしてるんですよ。もっとイチャイチャ動画をアップしている人たちがいるから、それと比べるとっていうことだと思うんですけど、私達世代とはもうハードルが違うんだなって思いました。

山田:30歳の僕からするとものすごく衝撃的だもん(笑)

リナ:このカップル動画って、作るのにどのくらいの時間がかかるのかな?

きりまる:凝った動画は数日かかりました。

リナ:数日かけて動画作成するなんて凄いね。

きりまる:数日なんて短い方で、1・2カ月かけて作ってる子もいますよ!あと、毎月彼氏との記念日に動画作って投稿している友達がいます。

リナ山田:えー!!!信じられない。

響耶:下手なだけじゃないじゃないの?(笑)

きりまる:いやいや、違います!ものすごく手間がかかるんです。ちょっとずつ文字を動かして、画像を繋げてるので、カメラロールも大量の画像が保存されていて凄いことになってました。

IMG_9804_R

山田:この中で、最高で頑張って作った動画で1ヶ月かけて作った子っている?

(3人ほどが挙手する)

リナ:えーっ、本当に!凄すぎる……!!!

山田:ちなみに何の動画なの?

10代女子友達の誕生日のためにですね。

山田:友達の為に、動画作成してプレゼントするの?ここにいる子で、友達に動画を作ってプレゼントしてあげたことのある子ってどれくらいいる?

(7割型が手をあげる)

リナ:もう、友達の在り方が変化してますね……。動画の完成度で友情レベルをはかられたりするんでしょうか。「ミクチャ世代」じゃなくて良かったです。(笑)

「10代が学ぶべき最強SNS講座」企画・運営
バンタンデザイン研究所
www.vantan.com

===========

前編はここまで。彼女たちのSNSを始めたきっかけや、リアルに使っているSNSなどに迫りましたが、後編(ミクチャ世代は生放送に抵抗のない ニュージェネレーション?!合計フォロワー15万人、ミクチャ・ツイキャスのインフルエンサーと対談してきた(後編) | 石井リナ(連載13))では、2人のスマホの中身や、「インフルエンサー」の立ち位置を自分自身どう思っているかなど、2人のリアルボイスに迫っています。ぜひ合わせてご覧くださいね。

それでは、また!


PAGE
TOP