kakeru_EC_socialnews_ 2017-09-19

LINEの需要は減った!?現役高校生のスマホ事情丨9/11週ソーシャルニュースまとめ

2017 9.19

こんにちは。kakeru編集部の小村です。

昨日までの3連休、読者のみなさまはいかがお過ごしでしたでしょうか。

ぼくは「第20回 文化庁メディア芸術祭」に行ってきました!”動く”フライヤーや、特殊な虫めがね(?)を白いディスプレイにかざすと映像が見える作品など、刺激的かつインスタ映えする作品が多数あり、おすすめのイベントです。今週末の過ごし方に悩んでいる方は、ぜひ行ってみてくださいね!

それでは、本日もソーシャルニュースを振り返りましょう!

 

▼Instagramのネット通販活用で押さえておくべき3つのポイント

https://netshop.impress.co.jp/node/4698

<概要>

インスタグラムのEC活用のポイントを以下3つにまとめて紹介している記事です。

①URLをクリックした移動先を明示すること
②「インスタ掲載商品」といったカテゴリページに移動させること
③「リポスト」で更新頻度を確保、「ハッシュタグ」で誘導強化すること

 

▼Facebookとインスタ・Twitterの投稿を連動させている大学生は30.1% 使いわけ派が優勢?

http://www.excite.co.jp/…/Mycom_freshers__gmd_articles_5129…

<概要>

InstagramやTwitterで投稿した内容と同じものが、自動的にFacebookに同時に投稿される連動機能について、大学生の利用状況が述べられています。本調査によると、連動していると答えた人は30.1%と、少数派であることがわかりました。連動していない理由の一つに、「それぞれ違う投稿をしたいから」という意見があり、SNSの使い分けを行っていることが明らかとなりました。

 

▼現役高校生のスマホ事情 「LINEの需要は減った」と語る彼女たち~多様化するスマホでのコミュニケーション方法を聞きました~

http://lab.prcm.jp/?p=1721

<概要>

5人の現役高校生に対して、スマホでのコミュニケーションについてインタビューしている記事です。使い方として下記特徴が挙げられています。

①思い出はすぐにInstagramにアップしたいが、リアルタイムな出来事はストーリーに投稿
②トレンドはTwitterからキャッチし、TwitterDMも使う
③SNOWやLINEの需要は減ってきている

特定のSNSが使われなくなっているというよりも、10代のスマホでのコミュニケーションが多様化しており、画像・テキスト・動画・音声などのコンテンツごとや、通信速度への懸念などそれぞれに適したものを自然と選択しているようです。

 

▼あなたの会社のSNSが売上に貢献しない3つの理由

https://netshop.impress.co.jp/node/4669

<概要>

この記事では、企業のSNSの運用が思うようにいかない原因について記載されています。自社とSNSのそもそもの相性を考慮した上で、“現実的な落としどころ”を見つけることが求められており、記事内では主に下記がポイントとして挙げられています。

①「継続して見たいSNS」にならない
②SNSは利益になるまでに時間がかかる
③お客さんに伝えたいことがない

 

▼10代女子が興味を持つきっかけとなるSNSは「Twitter」

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000113.000012846&g=prt

<概要>

BWRITEが実施した「SNSコンテンツについての意識調査」によると、SNSを利用する10代女子の72.1%がTwitter上での投稿や告知をきっかけに、商品やサービスに興味を持っていることが明らかになりました。また、興味を持つきっかけとなった投稿の形式は「画像メインの投稿」が7割以上であるとのことです。

 

本日は以上です。

今週もがんばっていきましょう!


PAGE
TOP