kakeru_EC_socialnews_ 2017-10-30

SNS投稿きっかけの商品購入経験者は約4割!?丨10/23週ソーシャルニュースまとめ

2017 10.30

こんにちは。kakeru編集部の小村です。

先週に続き、2週連続の台風到来となった週末でしたね。インドアな休日も楽しいですが、そろそろ外にお出かけしたいとうずうずしている読者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。今週末は晴れるといいですね!

それでは本日も、先週のソーシャルニュースを振り返りましょう!

 

▼「バナー広告・検索結果の広告が購入に影響する」は5割超、「SNSの広告・動画広告」は2割

https://webtan.impress.co.jp/n/2017/10/23/27208

<概要>

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、「2017年デジタルメディア利用実態調査」の結果を発表しました。本調査では、「バナー広告」、「検索結果に表示される広告」が購入の決定に大きく影響することがわかり、回答の50%を上回る結果となりました。一方で、動画広告やSNS上の広告を挙げる割合は20%程度であるとのことです。

 

▼Twitter、広告の出自など詳細を誰もが見られる「透明性センター」公開へ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/25/news052.html

<概要>

米Twitterは、広告の透明性強化の一環として、ユーザーの誰もが広告の詳細を閲覧できる「Advertising Transparency Center」を数週間中に立ち上げると発表しました。ここでは、Twitter上で表示されるすべての広告について、以下の情報を明示するようです。

・広告表示期間

・広告主

・どのようなターゲティングによって表示されるか

 

▼Facebookもついに4Kビデオをサポート

http://jp.techcrunch.com/20…/…/25/20171024facebook-4k-video/

<概要>

Facebookも4Kビデオに対応することとなりました。このアップグレードはスポーツ、科学、トラベル、ファッションなどの分野でFacebookのオリジナルビデオを観ることを後押しすると想定されています。Facebookは最近ビデオ分野に真剣に取り組んでおり、FacebookはInstagram Live Storyに友達を呼べる機能を追加しています。

 

▼TwitterとInstagram、利用目的の違いは?/約7割がインスタ映え意識【フリュー調査】

https://markezine.jp/article/detail/27340

<概要>

GIRLS’TREND研究所は、女子高生・女子大生を対象に実施した「ソーシャルメディアに関する意識調査」の結果を公表しました。本調査によると、女子高生・女子大生の85.4%がInstagramを利用しており、利用者の68.7%がインスタ映えを意識して写真の投稿を行っていることがわかりました。インスタ映えを意識し始めたきっかけは、「オシャレな一般人の投稿(69.6%)」が最も多く、自分でもできそうだという身近な憧れ感が、Instagramの利用動機に結びついているとのことです。

 

▼インスタ利用者の約半数が「商品購入ボタン」あれば使ってみたい、SNS投稿きっかけの商品購入経験者は約4割に

https://www.travelvoice.jp/20171026-99185

<概要>

ジャストシステムは、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年9月度)」の結果を発表しました。本調査によると、SNSを週1回以上利用する人のうち38.2%が、企業アカウントからのSNS投稿をきっかけに商品を購入した経験があることがわかりました。また、Instagram利用者のうち47.6%が、商品購入ボタンが設置されたら、使ってみたいと回答したとのことです。

 

以上です。

今週も頑張っていきましょう!


PAGE
TOP