DSC_1626

初出場者必見!横浜マラソンのコースってどんなの?下見に行ってみた(随時更新)vol.2

2016 2.5

こんにちは。業務命令で横浜マラソン2016に出ることになったDスケです。

みなさんは、”下見”ってしますか? 僕はします。

怒られたくないので、会社の飲み会なんかがあると事前に道順も調べておきます。たまに下見を忘れると、上司がイラついているんじゃないかと不安で会話もままなりません。

ということで、業務で参加する横浜マラソンも下見に行ってきました。この記事は、僕と同じく横浜マラソン初出場者にぜひ見て欲しいです。(仮設トイレの位置情報やその他横浜マラソンの公式サイトでアップされる情報は随時更新していきます!)

そもそも横浜マラソンってどんなコース走るの?

map

これは公式サイトに掲載されているフルマラソンのコースマップです。

なるほど、これを見てランナーはコースを把握するわけですね。

まずはみなとみらい大橋からスタートして、根岸駅を通って、横浜南部市場で折り返して、少し標高の高い高速道路に入って、横浜港シンボルタワーを目指して走って赤レンガ付近でゴールが近いことを実感しつつパシフィコ横浜でゴール、ですか。

なるほどー、海も見れるし、横浜の空気も肌で感じながら走れる素晴らしいコースのようです。

全くイメージがわかないので横浜マラソンの下見に行ってきた。

DSC_1625

正直全然イメージがわきませんでした。どこ走んの、オレ。

当たり前ですが、横浜住民でなければ横浜マラソンのコースは未知でしかありません。僕は横浜住民ではないですし、横浜にも人生で5回くらいしか行ったことがありません。

そんな未知な場所で初のフルマラソン、しかも業務なわけですから失敗したら社内評価に響きます。そこで、いつもなら引きこもっている部屋を出て、休日返上で日曜日に下見に行ってきました。

横浜マラソンコース情報まとめ(トイレ、給水、救護所)

さて、ここからは下見に行ってきた情報をまとめていくわけですが、初のフルマラソンに臨むにあたって僕が見ておくべきポイントだと思ったのは次の3つです。

  • トイレの場所
  • 給水スポット
  • 何かあったときの救護所

とくに、フルマラソンは数リットルの汗をかいてしまう可能性もあるらしいので、給水スポットの場所がどこにあるか把握しておく必要があると感じました。

で、ネットで調べてみたら、あるんですよ、さっきのコースマップよりも詳しい地図が。ボランティア募集用の資料に細かく給水スポットや救護所の位置が載っていました。

去年はトイレ情報も更新されていたようですが、今年はまだアップされてないようなので、今ある情報をもとに下見した結果についてまとめました。

スタート地点「みなとみらい大橋」

スタート地点のみなとみらい大橋に当日は2万5千人が一同に集まるわけですから、混雑が予想されます。出来ればトイレやストレッチ、ウォーミングアップなどは事前に済ませておきたいです。

10km地点「本牧横浜駅」付近

スタートしてから、18箇所に給水スポットがあるので、約2kmに1箇所は給水ができる計算になります。僕が練習している限り10kmくらいからは、適度に水分補給をした方が良い気がしています。

15km地点「八幡橋」付近

「根岸駅」という駅を過ぎて少しすると、この八幡橋にたどり着きます。この辺は少し道が狭いので、人混みで転ばないように注意が必要かもしれません。でも、15km地点だと結構差が出てきてるんでしょうか? 

20km地点「南部市場」

南部市場はかなり広いですし、折り返し地点なので応援する場所としても非常に良いかと思います。この辺りで結構疲れて、給水パフォーマンスがあればちょっとうれしい…

25km地点「首都高速湾岸線」

普段は歩行者禁止の高速道路を走れるって想像ができないのでほんとに楽しみです。海を見ながら走れるので、疲れて滅入ってそうな気分も少し変わりそうです。

30-35km地点「本牧ふ頭」付近

この辺りで膝が悲鳴をあげそうです。だからでしょうか、本牧ふ頭エリアには救護所が4箇所もありました。ここまで来たらあと少しでゴールなので粘りたいところです。

40km地点「赤レンガ倉庫」

赤レンガ倉庫が見えたらあと2kmほどでゴールです。赤レンガ倉庫の入り口付近はかなり広いスペースがありますので、最後の応援場所として良いと思います。ぜひ「負けないで」を歌いにきてください。

ゴール地点「パシフィコ横浜」

最後は全力ダッシュでゴールテープを切りたいと思います。

Googleマップで横浜マラソンコースにピンを立ててみた

まだトイレ情報は公式サイトでも更新されていないので、給水・給食スポット、救護所をGoogleマップでピンを立ててまとめてみました。(給水・給食「青」、救護所「赤」、スタート・ゴール地点「黄色」)

横浜マラソン当日に、公式サイトにあるコースマップを印刷し忘れた! という方や、当日はスマホを持って走るという方はよかったらご利用ください。

それにしても、下見しただけなのに疲労困憊です…本当に完走できるのか不安しかありません。とりあえず頑張ってダイエットしてトレーニングを欠かさずやるしか道はないのですが。

おすすめの記事:【業務命令で横浜マラソンって?】

【業務命令】SNSの力で横浜マラソンは完走できるのか? vol.1


PAGE
TOP