kakeru_EC_socialnews_ 2017-07-18

ググるより「ハッシュタグ検索」が使えるワケ丨7/10週ソーシャルニュースまとめ

2017 7.18

読者のみなさま、こんにちは!kakeru編集部の橋本です。

最近急激に暑くなってきましたね…わたしはさっそく海にいってきました!

夏バテに負けず、楽しんでいきましょ~!

 

今回も、先週の気になるソーシャルニュースをまとめましたので、ぜひ御覧ください!

 

スマホ利用率7割超す 16年総務省調査、SNSが後押し?

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS12H0O_T10C17A7EE8000/

<概要>

総務省が実施した2016年の情報通信メディアの利用状況によると、スマホの利用率は71.3%となり、前年より2.6ポイント上昇したことがわかりました。動画など幅広いコンテンツが増えていることに加え、SNSの普及がスマホ利用を後押ししたと見られています。年齢別で見た場合、30歳代で92.1%と初めて9割を超え、50歳代で63.1%は前年より10ポイント超えの上昇をしています。

 

どのソーシャルメディアが「信用」できるか ?? BI Intelligence調査

https://www.businessinsider.jp/post-34936

<概要>

「Digital Trust Report(デジタル時代の信用に関する報告書)」は、大手ソーシャルメディアを消費者がどう評価しているかを調査しました。

 

ググるより「ハッシュタグ検索」が使えるワケ

http://toyokeizai.net/articles/-/179304

<概要>

Instagramのハッシュタグ機能の使い方のポイントがまとめられています。

ポイントとしては、「ハッシュタグ検索」を行う若年層に向けて、情報を検索しやすいハッシュタグを設定することが挙げられています。他にも、同一のハッシュタグの中に埋もれてしまわないようにあえて「他とは違う1枚」に仕上げることもポイントだそうです。

 

ソーシャルきっかけで商品購入」は65%、SNSを“見るだけ”のユーザー

https://netshop.impress.co.jp/node/4511

<概要>

トレンダーズが発表したSNSユーザーに対する意識調査で、SNSのコンテンツが消費者の購買行動に一定の影響を与えている実態が明らかになりました。

今回の調査結果についてトレンダーズは、SNSを見るだけで情報を発信しない女性ユーザーの心を動かすには、情報に「おしゃれさ」「面白さ」の要素を盛り込み、「きれいな画像」「お得な情報」を意識する必要があると分析しています。

 

Twitter、荒らしを防ぐ新オプションを公開――フォローしてないユーザーをミュートできる

http://jp.techcrunch.com/2017/07/11/20170710twitter-mute/

<概要>

米国時間7/10、Twitterは通知をコントロールする詳細フィルターを強化しました。新しいオプションでは、下記の手順でリプライを表示させない設定が可能です。

1.フォローしていないアカウント一般

2.フォローしておらず最近登録されたアカウント

3.フォローしてもフォローされてもいないアカウント

 

以上です。

三連休明け、切り替えて頑張っていきましょう!

 


PAGE
TOP