kakeru_EC_mihotantinder_2017-11-16

「Tinderで結婚する」って親に言える?結婚した夫婦に話を聞いてみた

2017 11.21

みなさんこんにちは、恋愛マスターみほたんです。

ここ最近、マッチングアプリで出会ってゴールインというケースをちらほら聞くようになってきました。

周りの人に話を聞くと、PairsやOmiaiといった婚活に強いアプリを使っている人がほとんど。年収や生活習慣、結婚に対する希望など細かく条件を入れて検索できるので、効率的にお相手を探せるんですよね。

しかし、私の元に友人から驚きのニュースが入ってきたのです。

「わたし結婚することになりました!相手は……Tinderで知り合った人です!」

えええええー!!! Tinderって、あの、ゲーム感覚で相手の写真を次々選別するアプリじゃないですか。Tinderって婚活とはかけ離れちゃってるイメージなんですけど、それって…大丈夫だったんですか?

聞きたいことが沢山あったのでインタビューを申し込んだところ快く受けてくれました!

kakeru_img_mihotantinder_b_2017-11-16

●登場人物
旦那さん(写真右)
32歳、会計事務所勤務。高身長でイケメン! Tinderを使ったきっかけは、外国人の友だちを見つけるため。

奥さん(写真左)
27歳、現在は専業主婦。Pairsや肉会など登録はしていたが、実際に会ったことがあるのはTinderが初めて。使った理由は、普段の生活の中だと交友関係が狭まり、出会いの場もないので思い切って登録。

Tinderで出会うことに抵抗はなかったの?

みほたん:Tinderって結構軽いノリで会ったりする人が多いと思うんですけど、不安はなかったですか?

奥さん:ありました。私は彼に会うまでに、5、6人くらいに会ったんですけど、そのうち1人は喋ってる時に「化粧品とか海外旅行とか興味ない?」とか言いだして…。連れていかれたお店もグルだったみたいで。その時はさっさと帰って無事だったんですけど…。

みほたん:えええええー!!!そんな経験があったのに、結婚までいきましたね…。最初はどういうきっかけで会うことになったんですか?

旦那さん:マッチしてからしばらくアプリ上でやりとりが続いていたんですが、ある日僕がなにげなくメッセージを送ったらEちゃんが急に「もう私、地元に帰るんです」って返してきて…。で、「帰る前に会えたらよかったね」という内容を送って、それで会うことになりました。

みほたん:それからそれから!?

旦那さん:すぐに会いましたよ!その日にEちゃんのことを「いいな~!」と思って。ピーン!と来たんですよね。今までに感じたことのない感覚でした。

みほたん:すごい!!

旦那さん:2時間とか3時間くらい話したら、なんとなく、Eちゃんと一緒にいるような未来が想像できてしまったんですよ。

奥さん:乙女でしょ!?2人でご飯を食べたお店が対面式の半個室みたいな場所だったんですけど、手を握って「離れたくない」みたいなことをAさんが言ってきたんです。

すごく情熱的だったから、「やべぇやべぇ!こっわ!!」みたいな感じでした(笑)。「私、お金もないし、今の仕事を続けるかわからないし、コスメとか海外旅行に払えるお金はありません!」とか変なアピールをすごくしました。

kakeru_img_mihotantinder_d_2017-11-16

みほたん:Eさんは、そんな彼からの猛アピールに対してその場でお返事したんですか?

奥さん:いえ、出会ったばかりでお互いのことを知らない中で判断するのは正直怖いと伝えました。そしたら、その一週間後くらいにもう一度デートすることになって。それが引っ越す2日前だった気がします。

旦那さん:その時に「お付き合いしてください。」とちゃんと伝えて、OKをもらいました。

Tinderで付き合うことになった2人。不安はなかったの?

みほたん:メッセージのやりとりと、数回しか会ってない中で不安などなかったですか?

奥さん:不安はありましたね!遠距離で、かつアプリで出会ったっていうのもあって、何もなくても急に不安になって悪い方向に考えることが時々ありました。

みほたん:マッチングアプリ界隈だと、相手のことをSNSで下調べするのがあるあるなんですけど、お二人はしなかったんですか?

旦那さん:僕はそもそもツイッターやインスタグラムもやってないんですよ。

奥さん:私は最初すっごい検索かけましたね(笑)。 でも、何も出てこなかったんですよ。それが逆に怖くて。友だちいないのかな!?って…。だいたいこの世代って更新はしてなくても登録だけはしてるじゃないですか。何もやってないってどういうこと!?って。

みほたん:たしかに周りだとSNSやってる人の方が多いくらいですもんね…。しかも遠距離なのに。ここだけの話、Aさんのことよく信頼できましたね(笑)。

奥さん:付き合ってからはずーっと毎日連絡をくれたんですよ。朝も仕事が終わってからもすぐLINEくるし、電話も頻繁に。

みほたん:なんか私の知ってるTinderと違う!

奥さん:連絡を取り合っていくなかで、この人と生活したら楽しいだろうな、気負いすることもなくラクだろうなって思うようになりましたね。

Tinderで結婚することについて親や友人の反応は?

みほたん:家族や友だちに話す時にはどういう風に説明しましたか?マッチングアプリで出会って結婚って、そこがみんな気になるところだと思うんですけど。

旦那さん:母には「ネットで出会った。」としか言ってません。

kakeru_img_mihotantinder_a_2017-11-16

奥さん:私は「Tinderってサービスがあって…」と話しました。「やっぱりそういうのってアレなんじゃないの…?」とか言われたので、彼の人となりや、私がどういう経緯でTinderを始めたのかもしっかりと説明しましたね。父にはネットで同じ趣味の人が集まる…みたいな場所があってね…くらいのふわっとした感じでしか話してないですね。

みほたん:じゃあ「ネットで出会った」というのは隠さずに話しているんですね。周りの人にはオープンにしていますか?

旦那さん:言ってます!

奥さん:そういうサービスを分かってる人もいれば全然馴染みのない人もいるので、相手によって変えています。

みほたん:何かネガティブな反応をされることはありますか?

奥さん:父は「趣味の集まりとはいえ、ネットから実際に会うってどういうこと?」みたいな感じでしたね。「何の趣味だっけ?」って繰り返し聞いてきたり。本当に覚えていないのかカマをかけているのかどっちなのか(笑)。

みほたん:でも、はっきりと反対されることはなかったんですね。

奥さん:彼のことを伝えたタイミングが仕事を辞めた時だったので、母は「どういうこと?ちゃんとしなさいよ。」って最初はすっごく反対していました。彼に「娘と別れて欲しい。」って手紙を書こうとしていたくらいでした。

その時は、ネットで知り合ったっていうのもよく思ってなかったみたいでしたが、毎日連絡が来る様子を見ていて、考えが変わっていったみたいです。

旦那さん:友だちにはネガティブなことは一切言われなかったし、遠い人にはネットで出会ったとしか伝えてませんでしたね。Eちゃんと結婚できたのは僕の人生の中で一番の幸福だと思っていて、一緒にいられるのは人生で一番幸せな時間なんですよ。

だから、そんなことを気にする余裕はなくて。ただただ、今この幸せができるだけ長く続けばいいなって。そのためには頑張るしかないかなって思っています。

みほたん:…ッ!!(感涙)

奥さん:…っていう感じの人なので(笑)。まぁ私も同じで、周りから良い目で見られてないなっていうのを受けても、自分と彼とのことだしって、割り切って考えていて。そこで周りに何か言われたから嫌になるとかはなかったですね。

kakeru_img_mihotantinder_f_2017-11-16

まとめ

すみません、正直Tinderってチャラいアプリだと思ってました!こんなまっすぐな恋愛もあったなんて!

お二人も言っていた通り、出会うきっかけなんて人それぞれ。それがたまたまTinderだったというだけですが、元々の接点もなく、暮らしてきた土地も違う二人が出会えたのはやっぱりネットだからこそなんですよね。

バックグラウンドが違うからこそ、ギャップが新鮮だったり、お互いの交友関係が広がったり、そういう楽しみもあるのではないでしょうか。それにしても、こんな奇跡みたいな結婚話を聞いてしまったら、先入観や偏見からアプリ嫌いしてる人は勿体ないと思いませんか!?

実は、奥さんにTinderゴリ押ししたのはこの私。「みほたんのおかげで結婚できたようなもんです!」とまで言ってくれましたが、ここまで情熱的なお話を聞かされたら「いやいや、二人の愛のパワーだよ!」と言わざるをえません。あー!羨ましすぎる!


PAGE
TOP