kakeru_ec_wakamono_2017-09-15

ライブ配信のスクショで、コミュニケーション│週刊『さいきんの若者は、』vol.13

2017 9.15

こんにちは。kakeru編集長の三川です。

毎週金曜日は、最近の若者事情をゆるーくお伝えする「さいきんの若者は、」をお届けします。

今日は、ライブ配信のスクショからはじまるコミュニケーションについて。

 

Kakeruさん(@kakeru.me)がシェアした投稿

LINELIVEやLiveShop!などライブ配信サービスによっては、スクショボタンがあります。

通常のスクショとは異なり、タイトルやコメントが非表示になった状態で放送画面を保存できるので、ファンにとっては嬉しい機能です。

下の画像は、LiveShop!とLINELIVEで配信されたゆうこすのライブです。カメラマークをクリックすると、スクショが撮れます。

IMG_2462

21640480_1629790067092767_2093851410_o

配信者のなかには放送中に「スクショタイム」という時間を設けて視聴者にスクショを撮ってもらい、放送後、スクショ画像をTwitterリプライで送ってもらうというカルチャーがあります。

※スクショタイムをわざわざ設けなくとも、視聴者はベストショットを狙ってスクショをします

配信者のファンである視聴者としては、好きな人(配信者)の画像を保存できるメリットがありますが、“いいスクショが撮れたら本人にリプライで送ることができるので、本人に自分を認識してもらうチャンス”でもあるんですね。

本人にいいねをもらうことができるかもしれませんし、もしかしたらリプライがくる可能性もある大チャンス!

ライブ配信の先に、コミュニケーションが生まれる。

覚えておきましょう。


PAGE
TOP