パ・リーグ人気復活の要因

パ・リーグ人気の秘密はソーシャルメディアにあり?「プロ野球人気低迷」をぶっとばせ!

2016 1.18

こんにちは。田村(野球が好き)です。近年、プロ野球人気が低迷していると言われています。テレビで野球の試合をやっても視聴率が取れないとか、観客動員が減っているとか、他のスポーツにファンが流れているとか。

【参考】プロ野球の人気低迷がヤバい!(NAVERまとめより)

プロ野球観客動員数推移96-15

これ、ほんとでしょうか。いろいろと指標はありますが、人気度を判断する数値としていちばんわかりやすい観客動員数を20年前まで遡り、昨年2015年までの推移を見てみましょう。

2015年・1996年 セパ観客動員数比較 2015セパ観客動員数比較1996

はい、めっちゃ増えてますね。約13%増です。特にパ・リーグの動員数は大幅に伸びています。では、なぜ人気低迷とか言われるのでしょうか。答えこれです。

巨人日ハムソフバン動員数推移2015

そう。つまり巨人戦の人気が落ちているんですね。その分、もともと動員力が弱かった他の球団、特にパ・リーグの各球団(2球団をピックアップしましたが)は営業努力によって動員数を伸ばしていると見ることができます。

巨人戦についてはテレビ中継の視聴率も落ちています。最盛期は毎試合20%を超えていた視聴率も、近年ではこんな状況です。

視聴率3%…巨人戦、テレビ局は「もう中継必要なし」 日テレ、天王山すら中継なしの異常事態

各チームのファンは、CSで自分のひいきチームの試合が放送されるチャンネルを契約しています。元々巨人以外のチームの試合は地上波で放映されることが少なく、いち早く各チャンネルを契約して見たい試合を見ていたのです。(もちろん私も。黄色いチームの試合は、全試合見られるようにしてますからね。ふふ。)

結論、人気低迷しているのは「プロ野球」ではなく「読売ジャイアンツ」であると言えます。もともと人気が突出していただけに、低迷したときのインパクトが強いのですが、プロ野球全体で見ると実はファンは増加しているのです。

人気のセ 実力のパ

もともと「人気のセ・実力のパ」と言われ、観客動員力・コンテンツ力は圧倒的にセ・リーグが強い時期が続いていました。ちなみに、1990年の観客動員数はセ・リーグが約1200万人、パ・リーグは約860万人です。

また2004年、パ・リーグを中心とした球団の身売りなど球界再編騒動があり、さらにその傾向は強くなりました。ホリエモンの近鉄バファローズ買収騒動など記憶に残っている方もいらっしゃるでしょう。

ちなみに、この騒動直後、2005年の観客動員数はセ・リーグが1,167,251人、パ・リーグが8,252,042人と前年比15%ほど減少しています。

人気面においてはこの後もセ・リーグ優位が続くものと思われていました。しかし、2005年の危機を機会にパ・リーグの逆襲が始まります。

前年、北海道に移転していた日本ハム、福岡を本拠地としていたソフトバンク(2004年12月にダイエーより買収)、仙台には新球団楽天ゴールデンイーグルスが設立。各球団地元ファンを獲得するために積極的に集客に力を入れ始めます。

千葉ロッテでは試合後、球場の外で選手によるライブが開催されたり、日本ハムでは試合前の練習時に選手がゴレンジャーのマスクをかぶってパフォーマンスするなど、(賛否はありますが)プレー以外でお客さんを楽しませる試みが見られるようになります。

パ・リーグの逆襲にソーシャルメディアは欠かせない?

さらに活用されたのが’00年代後半から普及してきたソーシャルメディアです。

セ・リーグの伝統球団も利用開始したものの、内容はチケットやファンクラブの案内、広報誌の紹介など、いわゆる従来同様の告知にとどまっていました。

一方、尻に火がついているパ・リーグ球団のアカウントからは、ファンを楽しませようとするコンテンツが展開されます。

選手への質問を募集して…

 

2013年鴨川秋季キャンプ【鈴木選手への質問を募集!】質問募集第5弾として、ファンの皆さまから鈴木選手への質問を明日11月21日の正午まで募集いたします!採用させて頂いた質問への鈴木選手の回答は、明日Facebookに掲載させていただく予定です。ぜひ質問をこの投稿へのコメントでお寄せください!#chibalotte

Posted by 千葉ロッテマリーンズ on 2013年11月20日

本人が答える!

 

昨日募集いたしました鈴木選手への質問を、大勢の方から頂きありがとうございました!頂いた質問の中から少しではありますが、鈴木選手に答えていただきました。―マリーンズに入団してよかったことは?間違いなく応援は12球団一だと思って…

Posted by 千葉ロッテマリーンズ on 2013年11月21日

捕手目線カメラ!

 

西野投手のブルペン投球を捕手目線で撮影した映像です!https://www.youtube.com/watch?v=ChZMUmgJbiI#chibalotte

Posted by 千葉ロッテマリーンズ on 2014年11月7日

そうそう。ロッテは編成部長補佐がInstagramをされてます。選手たちの素顔を見られるのでおもしろいですよ。

 

誕生日の時に吉田選手に顔にケーキをつけられている監督!

David Yamamotoさん(@dychibalottemarines)が投稿した写真 –

楽天では震災復興に関する投稿も多いですね。日本一になった2013年はおめでとうコメントが止まりませんでした。

 

「がんばろう東北デー」を本日開催します。この試合には、引き続き東北の復興に向けがんばっている方々にお集まりいただき、野球観戦をお楽しみいただくとともに「これからも、がんばろう東北!」を誓い合います。当日は東北にゆかりのある方々のライブイベン…

Posted by 楽天イーグルス【公式】(RakutenEagles) on 2013年10月2日

 

あと、パ・リーグにはYouTubeに「パ・リーグチャンネル」というのがあります。

↓画像をクリックするとYouTubeに飛びます↓ パ・リーグTV Youtube

このYouTubeチャンネルでは当日の試合ハイライトや名シーンはもちろん、シーズンオフにはパ・リーグ各球団の新入団選手の様子など、動画が毎日のようにアップされます。

2014年までは「セ・リーグチャンネル」もあったのですが、一部参加していない球団があったり運営も大変だったようです。そして2015年シーズン開幕前にはすべての動画が削除されてしまいました。何かあったんでしょうね…

ツイッター・Facebookでも公開された動画が投稿されています。

>>パ・リーグTV Twitter >>パ・リーグTV Facebook

※特にTwitter。シーズン中はリアルタイムでハイライト動画がどんどん流れてきます。パ・リーグファンはフォロー必須です。

これからの野球人気とソーシャルメディア

一昔前と比較すると、あきらかにパ・リーグ、盛り上がっています。私も昨年、東京ドームで開催された日本ハム対オリックスの試合を観戦したのですが、ほぼ満員の状態。このカードで東京ドームが満員になるなんて…と感慨深かったです。

 

いやしかし。日ハム対オリックスで東京ドームが一杯になる日が来るとは。

Posted by 田村 憲孝 on 2015年8月22日

セ・リーグの人気球団の場合、(あくまでもパ・リーグ球団と比較するとではありますが)集客面で苦労することはないでしょう。自然、どうやったらファンは喜んでくれるんだろう?という視点が薄くなることはあるのではないでしょうか。

もちろん、ソーシャルメディアをやったからパ・リーグの人気が復活したと短絡的に言うわけではありません。様々な媒体を使ったプロモーション活動や、球場での試みすべてが複合的に効果をもたらし、現状に至っているはずです。

ただ、私のように業務としてソーシャルメディアを毎日見ている人間からパ・リーグの各SNSアカウントを見ていると、「なんとかお客さんに喜んでほしい」という思いが投稿から伝わってきます。むしろ逆に、SNSで楽しげに展開されている投稿からは、その他オフラインでの活動も効果的に影響しているんだろうなー、と想像させてくれます。

某在阪セ・リーグ球団のファンである私としましては、もうちょっとこう、選手との距離を近く感じさせてくれたりとか、なんかこう、ないかなーと思うわけです。それでも球場には行っちゃうんですけどね。

それではまた。田村(野球が好き)でした。

※観客動員数は日本野球機構公式サイト統計データ(http://npb.jp/statistics/)を参照しました。

【あわせて読みたい】 【Twitterから読み解く】前田健太選手、メジャー移籍決定までの感情分析

【あわせて読みたい】果たしてTwitterのチカラで野球をオリンピックの正式種目に復活させられるのか

【あわせて読みたい】インスタジェニックな選手が増えている!?野球選手のInstagramアカウント紹介


PAGE
TOP