pin_boardsum

ピンタレストに登録したけど、何が楽しいの?というひと必見! ボードのテーマを決める3ステップ

2015 11.2

流行っていると聞いたのでピンタレストに登録してみたけれど、さて一体何が楽しいのかわからない、そのまま放置している、という方。いらっしゃるのでは? 今日は、多くの人が最初に「どうしたらいいかわからない!」とつまずきやすい、「ピンタレストのボードの作り方」について紹介したいと思います。

その前に、自己紹介を。kakeruの記事(「私たち電子書籍を出版しました!」by ビジュアルマーケティング三姉妹)でも紹介されています、ビジュアルマーケ3姉妹、次女の福田です。

今年7月に「ピンタレスト・マーケティング入門」を出版し、Amazonさんで好評発売中です。今回から、ピンタレストに関する情報や使い方、参考になるアカウントの紹介などを通して、ピンタレストのことをお伝えしていきたいと思います。

その他にも、ソーシャルメデイアを使いこなしている人やおもしろそうなことを知っている友人にインタビューをして、これからのソーシャルメディアについて考えてみたことをkakeruを通してお伝えしていきたいと思っています!よろしくお願いします。

ボードのテーマは細分化する

さて、今回のテーマは「ピンタレストのボードの作り方」です。ピンタレストの楽しみ方には、自分の好きなものを検索したり好きな写真を眺めたりといろいろありますが、私はまず「ボードの作り方」が楽しめるかを決める重要なポイントになると考えています。

「ピンタレスト・マーケティング入門」の中でも書いていますが、ボードは細分化すること。これが大切です。ピンをしていく中で、「このテーマを増やそう!」などと自由に追加するのももちろん良いのですが、ここではボードの作り方について3ステップで考えてみたいと思います。

ステップ1 大きい枠でとらえる

まずは、大枠でテーマについて考えてみましょう。自分のことを振り返ってよく考えてみてください。

    ・好きなものや興味のあるもの
    動物やペット、食べ物、ファッション、旅行、スポーツ、など。
    ・仕事に関係しそうなもの
    デザイン、アート、インフォグラフィック、新商品、など。お仕事にもよると思いますが、特にデザイナーの方がインスピレーションを得るのにピンタレストを利用しているという話はよく聞きます。
    ・ライフイベントに関係のあるもの
    新しい家や部屋・庭、結婚式、子どもの部屋や服、パーティー、など。結婚や出産、引っ越しなどで生活が変わる方、チャンスです。新しい生活を始めるにあたって必要なものやイメージを固めるのに使えます。

ステップ2 テーマを決める

ステップ1で考えたものの中から、具体的に考えたいものや好きで集めたいものなどのテーマを決めます。

ステップ3 決めたテーマを細分化してみる

ステップ2で決めたテーマをそのままボードの名前にしてしまっても良いのですが、ここからがその後の楽しさを分けるポイントとなります。決めたテーマを更に細分化します。例えば、テーマが「犬」なら、「トイプードル」「柴犬」「ブルドッグ」など。ファッションなら、男女別、季節別、色別、服の種類別など、分け方も多様です。

ちなみに私の例を挙げると、まずは動物の中でも大好きな「馬」をテーマにしました。実は最初は一つのボードで収集をしていたのですが、ピンが増えたこともあり、現在は18ボードにもなりました。色や特徴のほか、季節などでも分けています。

pin_board1

季節別のボード
季節別のボード

あとは自分のページでボードを一覧で見たときに、カバー写真で馬が並んでいるのを見るととても嬉しくなり、日々のモチベーションにもつながります(そのような使い方もあるんです)。

もうひとつ、海外の人に日本のすばらしさをもっと伝えたいと思い、「日本」をテーマにボードを作りました。こちらも最初はテーマを細分化せず、「日本っぽい!」と思ったものをなんとなくピンしていたのですが、後からボードを見返してみると「景色」や「和菓子」などが多いことに気付き、ボードを分けました。

pin_board3

まずはボードを作ってピンをしてみよう

このように、最初は細分化のしかたがわからなくても、定期的に見返すことで、ボードを分けられると同時に新たな発見もできます

最初にボード名を決めていても、ピンをしていると一部のテーマにピンが偏ってきたり、私のようにさらにボードを分けたいと思ったりすることもあるかもしれません。一度作成したボードも、名前を変更したりピンを異なるボードに移動させることもできるので、まずはボードを作ってどんどんピンをしてみるのがおすすめです。

ピンタレストの使い方についてや、もっと楽しめる方法を知りたいという方は、お問い合わせからぜひお送りくださいね。お待ちしています!


PAGE
TOP