coloabo9

【対談インタビュー】ビックカメラとナイセンに聞く、SNS上で企業コラボ企画を仕掛ける魅力とは

2016 3.17

こんにちは、kakeru副編集長の三川です。

2015年にTwitterで注目された出来事の1つとして、ビックカメラとナイセン(アイティオール)が仕掛けた企業コラボ企画があります。さて、企業コラボの魅力とはなんでしょう?今回はその魅力に迫ります。

*アイティオール:メディアソリューション事業やシステムソリューション事業を運営しているIT会社。Twitterでは、提供しているサービスの1つである「ナイセン」の愛称で親しまれている。

ビックカメラとナイセンが仕掛けたコラボ企画の振り返り

まずは、2015年に実施されたコラボ企画を簡単に振り返ります。 

  • 2015年4月末、ナイセンさんがビックカメラ水戸駅店を擬人化。ビックカメラの他店舗含めて他の企業Twitterアカウントを次々と擬人化する。これまでに25社を擬人化。
  • 2015年7月初旬、指定のツイート画面をビックカメラ水戸駅店の店頭で見せると、先着100名様に水戸たんイラストクッキーがもらえる企画を3日間限定で実施し、見事配布完了。協賛48社。
  • 2015年8月中旬、ビックカメラ柏店で開催された夏祭り(2日間)にて、射的ゲームを実施。企画に賛同した企業各社が協賛になり、さまざまな景品を提供。協賛48社。(#ビックカメラ柏たん夏祭り
  • 2015年10月末、「水戸まちなかフェスティバル」に合わせて、水戸市観光課・商工課、旅行ガイドブック「るるぶ」協力のもと、水戸の街を水戸たんが紹介する「たびっく」を1万部発行。水戸駅ビル協力のもと、水戸たんが描かれたポスターが水戸駅ビルをジャックする企画も同時開催。また、協賛56社を募りガラガラ抽選会イベントを実施。(#ビックカメラ水戸たん薄い本フェスティバル 

UPagiawc

多くの企業を巻き込んだTwitter連動リアル企画のきっかけ

三川: 2015年は多くの企業アカウントを巻き込んだTwitter連動リアル企画を複数回行ったかと思います。リアルにこだわった意図を教えてください。

ビックカメラ:弊社の強みは店舗があることなので、ナイセンさんとは「リアルでも何かしたいですね」と水戸さんを擬人化して頂いた時から話をしていました。せっかくTwitterを運用しているので、店舗の売上や来店に繋がるような企画を行って実験してみたかった気持ちがありましたね。

ナイセン:私たちもリアルに直結することはやらせていただきたいなと思っていました。弊社でもリアルに繋がるような取り組みはやったことがなくて挑戦したかったので。

三川:それで2015年7月初旬に、水戸たんイラストクッキーを水戸駅店で配布するイベントが実現したのですね!

ビックカメラ:弊社初の取り組みだったので、とても慎重に進めました。

ナイセン:ビックカメラさんが柔軟に対応してくださったから実現できたと思っています。

企業コラボのメリットとは

三川:企業コラボを企画するメリットを教えてください。

ビックカメラ:ナイセンさんと弊社のTwitterでのやりとりを見てフォローしてくださったユーザーがたくさんいらっしゃいますし、若いユーザーと交流が増えたような気がします。多くの企業と交流できるようになったのが魅力ですね。

mitotop
企業の擬人化という形で複数の企業コラボ企画を実現。

ナイセン:弊社もこの企画をきっかけに、他の企業さんからコラボの話をいただく機会が増えました。当時は企業さんとの繋がりがそこまでなかったので、この1年で大きく変化したと実感しています。

あとは、今回のようにTwitterを飛び出してリアルな場で展開できたということに、魅力を感じています。実店舗のない弊社だけでは絶対にできなかったことです。

ビックカメラ:それぞれの企業がお互い尊重しあったからこそ異業種コラボができたのでは、と思います。

ナイセン:あと、自分たちが当たり前と思ってやっていることを他業種のひとにすごいね!と言ってもらえたのは新鮮でしたね。今回の企画を通していろんな業種の企業と触れ合ったことで自分たちだけだと思いつかないようなアイデアがでてきたのがおもしろかったです。企業コラボは、他企業から刺激を受けることができるのが魅力的です。

リアルの場でお客さまと接点をもつ喜び

ビックカメラ:2015年10月末に開催した「水戸まちなかフェスティバル」ではより一層、ナイセンさんの準備が大変だったのではないかと思っています。

ナイセン:正直大変でした(笑)けれど、リアルな場でユーザーさんと接点を持てることはなかなかないので、いつも楽しみながら企画を練っています。

biccamera01

ビックカメラ:そうですね。いつもTwitterでリツイートやいいね、リプライを頂いているユーザーの皆さんにリアルな場でお会いするのは、とても貴重な体験ですね!水戸のまちを水戸たんが紹介する「たびっく」を作って配布した時は、これを手に入れるために水戸までお越しいただいたお客様に感動しました。数としては少ないかもしれませんが、来店してくれて嬉しかったです。

ナイセン:ポスタープレゼントをTwitterで告知した時も、盛り上がりましたよね。

ビックカメラ:はい。イベント終了後にポスターをプレゼントするという告知をTwitterでおこなったら、予想以上に多数来店いただきました。水戸たんは愛されているんだなと実感しました。

企業コラボで大変だったこと

三川:企業コラボで大変だったことをお聞かせください。

ナイセン:協賛いただいた企業を取りまとめるのが大変だったことが正直なところです。企画概要が決まったら、今までやり取りをしたことのある企業にお知らせをして協賛を募るやり方をしていたのですが、企業によっては社内事情が異なるので個々のご要望を頂くことがしばしば…。

あとは連絡手段を構築するのに苦労しました。当初、協賛企業にご連絡する手段はDM(ダイレクトメッセージ)しかありませんでした。でも、DMはすぐに情報が流れてしまいますし、企業によってはDMを確認できない場合があります。

ビックカメラ:そこで連絡するシステムを構築するナイセンさんの臨機応変スキルがすごいです。

ナイセン:弊社はイベント屋と勘違いされるのですが、システム開発をする会社なので(笑)

ビックカメラ:私は、Twitter企画の概要や当日の動きを現場のスタッフに伝えるのことに集中しました。当日の企画運営をスムーズにおこなうためにも口頭だけでなく資料を用意したり、何をしてほしいのかを明確に伝えたりしました。

ナイセン:関係者が増える分、みなさんにご協力いただくための「伝え方」が重要ですよね。スタッフ側も楽しめるような企画をこれからも作っていきたいなと思っています。

ファンに愛されるキャラクターづくり

ビックカメラ:去年の取り組みを通じて、「水戸たんのファンがいて、来店につながる」ということを実感できました。

三川:水戸たんの魅力はなんでしょうか。

ビックカメラ:地元を応援しているところ、話しかけやすいアカウントではないでしょうか。友だちみたいな感覚で毎日話しかけてくださる方もいて、こちらが伝えたいことに耳を傾けて聞いてくださいます。Twitterはお客様とコミュニケーションをとるツールなんだと改めて感じています。

biccamera02

三川:ナイセンさんは水戸たんがこんなに大きく広がると思っていましたか?

ナイセン:まったく思ってなかったですね。水戸たんを擬人化したときは一瞬のネタだと思ってましたし(笑)。でも、ここまで愛されるキャラクターを作れてすごく嬉しいです。もちろん、キャラクターは作るだけじゃなくてそれに命を吹き込むことで活かされると思うんです。ビックカメラさんのTwitter運用のおかげで親しみやすいキャラクターへと成長したのではないでしょうか。

ビックカメラ:擬人化プロジェクトは、ソーシャルメディアを楽しんで使っている方々に受け入れられやすい活動であると考えています。店舗のある地元を盛り上げたいという想いのもと始動しているプロジェクトになっています。

2016年の展開も見逃せない!?

三川:ビックカメラの店舗で擬人化したのは現在いくつでしょうか?

ナイセン:すでに11店舗です。

三川:今後増えていくことを考えるとユニットもあるのでしょうか。

ビックカメラ:あるかもしれないですね。どう組み合わせるのか考えてみると面白いですね。

三川:今年もなにか仕掛けますか?

ナイセン:すでに仕掛けてます!2月14日に仕掛けたバレンタイン企画!ビックカメラ擬人化店舗でチョコレートを配布させていただきました。

https://naisen.jp/bic_valentine/

ビックカメラ:先日発表したニコニコ超会議もありますよ! 2016年4月29日(金)~30日(土)、ビックカメラグループとして、 ビックカメラ、コジマ、ソフマップが「ニコニコ超会議」に出展します。お楽しみに!

以上、対談でした。2016年に実施・実施予定の企画がすでに2つ。今年もビックカメラさんとナイセンさんの企業コラボから目が離せませんね!!楽しみにしています。


PAGE
TOP