mixi_slide

mixiコミュニティはなぜ愛され続けるのか

2015 10.26

こんにちは、kakeru副編集長の三川です。

先日のツイキャス放送で、mixiが楽しいと熱弁しました。
(参考:久しぶりのツイキャスです。復帰練習! – ツイキャス

かっぴーさんのSNSポリスにでてきたSNS相関図によると、mixiは押入れのポジションですし、中・高校生のなかには「ミクシィってなに?」という子もいるかもしれません。

多くの人はmixiを過去のモノとして捉えているかと思いますが、mixiユーザー数の減少が緩くなってきたそうです。昔ほどの勢いがないものの、利用している人もまだまだいます。(参考:ミクシィ、「モンスト」効果で売上高493%増、mixiのユーザー数は下げ止まり

私もmixi愛用者のひとりです。目的はズバリ、mixiコミュニティを閲覧するため。このmixiコミュニティがmixiを支えてると言っても過言ではないと、私は思います。今回は、mixiコミュニティが必要とされ続けている理由について整理してみました。

mixi_01

mixiコミュニティが盛り上がっているカテゴリー

まずは記憶を辿ることからはじめましょう。mixiコミュニティは、同じ趣味や関心ごとを持つ人たちが集まる掲示板のような場所です。コミュニティは誰でも作成することができ、参加条件や公開レベル、トピック作成権限の設定まで細かくできます。

mixi_10

大学入学前に学部のmixiコミュニティに参加して自己紹介をしあったり、入学式の前に交流イベントを開催したり。一緒の大学に行く友だちがいなかった私にとって、mixiコミュニティはつながるきっかけを作ってくれる、すごく有り難い存在でした。

コミュニティはブランディングする役割も果たしていました。「休日はカフェ巡り♪」「空を見上げるのが好き」「ちいさな幸せ」というコミュニティに入って、「私はカフェ巡りが好きなちょっと不思議な女子大学生ですよ」とマイミクにアピールしていたのを思い出しながらこの記事を書いています。

黒歴史は置いといて、話を戻します。調べてみると、コミュニティの数は約274万件ありました(10/24現在)。もちろん、もう何年も書き込まれていないコミュニティもあるでしょう。では、一体どのようなコミュニティが今も活発なのでしょうか。いくつかご紹介します。※出会い系コミュニティを除いたカテゴリーで調査しています。

テレビ番組コミュニティ

現在放送されているTVドラマについて語り合うコミュニティ「ドラマ大好き」がトップの人気でした。視聴する秋のドラマを決めるために、感想を交換し合いたいのかもしれません。人気のコミュニティは「あさが来た」、「相棒」と続きます。

mixi_02

「韓国ドラママニア」「手裏剣戦隊ニンニンジャー」「おかあさんといっしょ友の会」も人気コミュニティのようです。

mixi_03

音楽コミュニティ

音楽コミュニティで注目したいのは、3番目の「ミクオン」。音楽機材のリサイクルを目的としたコミュニティが賑わっているようです。mixiコミュニティは、情報交換だけでなく譲渡情報も多く見受けられます。

mixi_06

グルメ、お酒コミュニティ

盛り上がっているのはエンタメばかりではありません。食べ物関連のコミュニティでは、今日食べたり飲んだりしたものを情報交換をしているようです。

mixi_07

mixiコミュニティに惹かれるワケ

ご覧のとおり、現役のコミュニティは多数存在し賑わっているようです。なかには数分に1回の書き込みがあるコミュニティまで。人々はなぜmixiコミュニティに惹かれるのでしょうか。mixiコミュニティの魅力を3つご紹介します。

ノイズがほとんどない

mixiコミュニティの素晴らしいところは、無関係な情報がほとんどないことです。

たとえばPerfume好きな人とTwitterでつながった時。たしかに、最新のPerfume情報やライブの感想やPerfumeの魅力を語り合えるのは楽しいし、嬉しい。けれども、それ以外の日常的なツイートも流れてきます。「おはよう」「おなかすいた」「ごはんなう」「ねむい」…Perfume好きの人をフォローすればするほどそれとは異なる情報も目に入ってきます。

そこで、純粋にPerfume情報を収集したいときに便利なのがmixiコミュニティ。Perfume関連のみの話題がトピック毎に展開されているため、熱くて濃いコミュニケーションが生まれやすいです。

(※念のため補足しますが、Twitterの日常的なツイートを否定しているわけではありません。フォローした相手のふとした感情も垣間見れるのがTwitterの魅力だと思っています)

mixi_08

堂々とネタバレできる

「今日のライブについてツイートしたいけど、ネタバレになるから書けない…」ということ、ありませんか。私もつい先日行われたPerfumeライブ終了後にその感動を誰かに伝えたかったのですが、どこに書き込むかで悩みました。

Facebookでつながっている友だちの中には後日Perfumeライブに行く人がいるだろうし、Twitterに書き込むとライブを楽しみにしている人にネタバレになってしまう、さてどうしようと。そこで思い出したのがmixiコミュニティの、あるトピック。そう、ネタバレ専用のトピックです。

mixi_09

ここでネタバレを含んだライブの感想を書き込んだり、読んだりできるのです。ネタバレを見たい人はこのトピックを見ればいいし、見たくない人はスルーすればいい。掲示板型SNSの強みです。

「Facebookグループでも同じようなことできるじゃん」と感じた方もいらっしゃるかと思いますが、Facebookは実名で登録してリアル友だちとつながる場です。

たとえFacebookグループを作ったとしても、趣味・関心軸で人とつながる仕組みが弱いので、まずグループの存在を知ってもらうのに一苦労です。同じ趣味の友だちがいたらラッキーですが、内輪でしか盛り上がらない恐れも大いにあります。

Twitterよりは、信頼できる

コミュニティ内のなかには「○○を譲ります」「○○を売ります」といったトピックが見受けられます。Twitterでも見かけますよね。Twitterのほうが情報が溢れており、好条件な話も多いのですが、心配なのがトラブルです。どこの誰かも分からない状態でダイレクトメッセージのやりとりをして住所を教えたり待ち合わせしたりするのは正直こわいです。

mixiは、リアル友だちとつながる場所と趣味・関心でつながる場所が融合したSNS。この人大丈夫かな?と不安に思ったときは、プロフィールを見に行ったり、マイミクからの紹介文を見たり、参加コミュニティを見てみたりと、Twitterよりは相手を知ることのできる情報量が多いです。

だからといってトラブルは一切ないというワケではないと思いますが、ライブチケットの譲渡をしたいときはTwitterよりもmixiコミュニティをお薦めします。

 

以上、mixiコミュニティの魅力について述べました。同じ趣味・関心を持つひとと濃いコミュニケーションができる。これはTwitterでもFacebookでもInstagramでもなかなかできないことです。だからmixiってやめられないんですよね。

「誰かとある話題について熱く語り合い!」と思った時は、押入れからmixiを引っ張りだしてみてください。

 

★ソーシャルメディア上の企画やコンサルのご相談はこちらから
>> お問い合わせフォーム


PAGE
TOP