hakodanshi_750355

いま話題の『#企業公式中の人総選挙』ってなに!?主催者の箱男子さん(@hakodanshi)に聞いてみた

2015 6.11

こんにちは、副編集長の三川夏代です。

企業の公式Twitterアカウントのあいだで「#企業公式中の人総選挙」が話題になっています。ハッシュタグが登場したのは6月初め。多くの中の人がザワザワしています。

外務省IT広報室までも!?(残念ながら応募条件を満たしておりませんでした…)

「企業公式中の人総選挙」とは一体なんなのか!?主催している箱男子さん(@hakodanshi)に直撃インタビューしました。

主催者の箱男子(@hakodanshi)さんってどんなひと?

箱男子さんのアカウントはこちら。(@hakodanshi)

2015-06-10_2005

箱をかぶっていらっしゃいます。これが正装です。今回はスカイプ経由で取材をしたのですが、もちろん箱をかぶって登場してくださいました。それでは、会話形式でインタビュー内容をお届けします。

三川:まずは箱男子さんの自己紹介をしていただきたいです。記事を読んでいるほとんどの方が「箱男子さんって…何者?」と不審がっていると思うので。

箱男子さん:えーっとですね、私は社宅管理代行業・不動産検索サイト・引越し一括見積りサイトを運営している『株式会社メガメディアコミュニケーションズ』の一員として働いています。今年4月、弊社サービスを知ってもらうためにTwitterを始めることが決定したのですが、普通に運用しても競合他社さんには敵わない、と。じゃあどうしましょう、と社内で話し合った結果、「キャラクターを生み出して話題性を作りましょう。そうだ、箱をかぶろう」と結論に至りました。

三川:箱をかぶろう(笑) たしかに、Twitterで箱男子さんのアイコン目立ってますよね。

箱男子さん:怪しいですよね(笑) Twitterを開設した当初は、自社サービスだけを宣伝するのはなにか違う、中の人の性分に合わないとモヤモヤしながら運用していたんです。箱男子にできることはなんだろうと考えた時、せっかくだったら、他社さんの素晴らしいサービス・商品を宣伝して、世の中にある「いいもの」をみんなに知ってもらうお手伝いがしたい!と思い、いろんな企業・サービス・商品を応援するアカウントになりました。

具体的な応援活動としては、企業やイベントにお邪魔してその様子をツイートしたり、箱男子の顔(つまりダンボール)に企業のステッカーを貼ったりしています。森田アルミ工業株式会社(@moritaalumi)のオリジナルキャラクター・ルーケス君をはじめ、いくつかの企業のステッカーがすでに貼ってあります。

hakodanshi_interview

「面白いことがtwitter内で起きているんだ!」と知っていただきtwitterユーザーが増えればいいなと、日々、箱男子は街へ繰り出しています。

これがけっこう写真撮影されるんですよ(照)

candllenight

6/10夜に開催されたキャンドルナイトにも正装で参加しています。

「企業公式中の人総選挙」ってなに?

三川:箱男子さんの正体が分かったので、本題の「企業公式中の人総選挙」についてお聞きします。ヒトコトでいうとどんな選挙なのでしょうか?

箱男子さん:「Twitter内で人気のある”中の人”を一般ユーザーが決める」選挙です。Twitterアカウントを持っていれば、誰でも投票可能です。

三川:立候補者ができる選挙活動を教えてください。

箱男子さん:「票を得る目的での物品提供は禁止」以外、あとは自由です。ハッシュタグ「#企業公式中の人総選挙」をつけて挨拶をツイートしたり、ユーザーと絡んだり、今までどおり中の人として呟いてほしいと思います。この総選挙の話題が大きく広がり、優勝者、投票した一般ユーザーへ新品のPCを提供してもいいとフェローズさん(@fellows_hal)が仰ってくれました!

「企業公式中の人総選挙」を開催するきっかけ

三川:「企業公式中の人総選挙」を開催することになったきっかけを教えてください。

箱男子さん:「引越しAじぇんと」Twitterアカウントの中の人(@hikkoshiagent)と「企業公式キャラ総選挙やりたいね」と話していたのですが6月初めに一般ユーザーさんが「企業の中の人が総選挙やったらおもしろそう」と呟いているのをたまたま見て…。「フェアに仕切れるのは箱男子しかいない!」となにかの責任感に駆られ、「やります!」と言ってしまったのがきっかけです。

三川:「企業公式中の人総選挙」の目的を具体的にお聞かせください。

箱男子さん:ズバリ、「中の人は、ちゃんと仕事してますよ」をアピールする場です。先日トレンドになった「#企業公式アカウント中の人あるある」でも、”仕事中にTwitterしてると思われている””遊んでいると勘違いされる””仕事なのに…”など悲痛な声が見受けられました。「中の人」は立派な仕事であることを総選挙を通してアピールしていただければと思います。

三川:なるほど、中の人を評価する企画でもあるんですね。

箱男子さん:そう。だから、総選挙結果の上位数社までは得票数も公開、それ以降は順位のみ発表しようと思っています。順位付けをすることで会社内でのTwitter運用における評価に繋がる可能性があるのでは、と。また、次回総選挙が開催された場合、順位の変動も会社内の指標になるのではとも考えています。

三川:そうですね。フォロワー数でもRT・リプライ数でもなく、「中の人」自体を評価する新しい指標として「総選挙」が機能したら関係者は嬉しいと思います。

今後の動き

いま、引越しAじぇんとさん(@hikkoshiagent)ご協力のもと、特設サイトを制作しているとのこと。

・特設サイト:随時公開 

(仮サイトはオープンしています⇒http://hakodanshi.jp/

・企業公式中の人エントリー:6/15(月)開始 http://hakodanshi.jp/より申し込み

・ユーザーによる投票期間:7月中旬~

sitetop_slide

2015年末には「上位48社限定・企業公式中の人選抜総選挙」、さらに「企業公式キャラクター総選挙」もやりたいとのことです。

また、kakeruでは総選挙の名誉ある最下位にインタビューをさせていただきます!まだ見ぬ中の人さん!会いにいきますのでよろしくお願いいたします。

「企業公式中の人総選挙」については随時ご紹介していく予定です。今後の動きに注目!


PAGE
TOP