kakeru_ec_homerare_2017-08-09

綺麗に花火を撮るコツ│ほめられるスマホ撮影術vol.8

2017 8.9

こんにちは、うのです。

「ほめられるスマホ撮影術」と題して、スマホ撮影テクニック講座をお届けします。本記事の前半は基礎編、後半は応用編という構成になっていますので、ご自身のレベルに応じてチャレンジしてみてくださいね!

さて、第8弾は「綺麗に花火を撮るコツ」です。

kakeru_img_homerare_2017-08-09_matome

みなさん、花火の写真をスマホで撮ったことはありますか。

花火をスマホで撮ろうとすると、煙で何が写っているかよくわからない、ピントが合わない…などなど、結構難しいんですよね。

そこで本記事では、スマホで綺麗に花火を撮るコツをお伝えします。この時期ですと、花火大会で打ち上げ花火を撮ったり、手持ち花火を撮ったりするタイミングがあるかもしれません。

Kakeruさん(@kakeru.me)がシェアした投稿

ぜひスマホ撮影テクニックを活かして、花火の撮影を楽しんでみてくださいね!それではさっそく、基礎編からスタートです。

基礎編1:「AE/AFロック」してから連写しよう

▼撮影テクニック
kakeru_img_homerare_2017-08-09_01

花火の撮影が難しい理由の1つに、なかなかピントが合わないということがあるのではないでしょうか。

そんなときは、「AE/AFロック」機能を上手く活用しましょう。「AE/AFロック」とは、ピントと明るさを固定する機能のこと。ピントを合わせたい被写体(今回は花火)を長押しすると「AE/AFロック」できますよ。

ぜひ使ってみてくださいね。

▼ポイント

・被写体を長押しタップで「AE/AFロック」する(ピントと明るさを固定する)

・奇跡の1枚が撮れるまで連写する(シャッター音が気になる人がいるかもしれないので配慮しましょう。)

・「HDR」機能をオンにしておくとブレやすくなるため、オフにしておく

基礎編2:#hanabicamera で撮ろう

▼撮影テクニック
kakeru_img_homerare_2017-08-09_02

アプリで手軽に花火を撮りたい!という方におすすめなのは、秋田県大仙市がリリースしている「大仙花火カメラ」です。このアプリは、花火のまち・大仙市が手掛けているだけあり、本当にきれいに撮れるんです。

「大仙花火カメラ」の魅力は自動撮影シャッター機能があること。打ち上げ花火を撮っていると、花火が開いたタイミングで自動的にシャッターを押してくれるんです。すごくないですか?

打ち上げ花火だけではなく、もちろん手持ち花火でも使えますよ。

使用アプリ:「大仙花火カメラ」 iOS / Android

▼ポイント

・大仙花火カメラには「赤強調」「青強調」「緑強調」「コントラスト強調」などのエフェクト機能があるため、花火を色鮮やかに加工できる。

・撮影した花火の写真を5枚まで重ねあわせることができ、多重露光で華やかな花火写真になる。

基礎編3:#花火文字 を描いてみよう

▼撮影テクニック
kakeru_img_homerare_2017-08-09_03

Instagramでもよく見かける「#花火文字」の写真を撮ってみませんか。花火文字といえば一眼レフで撮影するイメージが強いですが、スマホでも撮れるのか実験してみたところ、意外と綺麗に撮れました。

最初は簡単なハートマークや星マークから試すことをおすすめします。上手にできたら「Summer」や「I♡U」などインスタで流行っている言葉を描いてみましょう!

使用アプリ:「InstantX」 iOS / Android
mode>バルブ撮影>撮影時間を60秒以内で選択>撮影開始

▼ポイント

・スマホ用の三脚などを用いて、ブレないように気を付ける。

・撮影時間は5~15秒がおすすめ。撮影時間が長かったり、花火の光が強すぎたりすると、写真が真っ白になってしまう可能性あり。

基礎編まとめ:花火撮影で重要なのは「手ブレ防止」と「ピント合わせ」

kakeru_img_homerare_2017-08-09_04 花火を撮るにあたって重要なポイントは2つあります。

1つは「手ブレ防止」です。今回の撮影はこのように、スマホ用の三脚を使って撮影していました。スマホ用の三脚がない場合は、大きめの洗濯バサミを使ってスマホを固定するか、ペットボトルを使って三脚を自作してみるのも良いでしょう。

また、アイテムが用意できない場合には、両手でしっかりスマホを持ち、脇をしめて撮るとブレにくくなります。手すりがあればひじを固定するのも良いですね。

2つ目は「ピント合わせ」です。スマホの画面をタップして花火にピントを合わせ、「AE/AFロック」しましょう。これを事前に行っておくだけで失敗がかなり減ります。

それでは、ここからは応用編です。

応用編1:#タイムラプス花火 を撮ってみよう

▼完成動画

 

Kakeruさん(@kakeru.me)がシェアした投稿

「花火に夢中で写真を撮っている暇がない…」という方におすすめなのはタイムラプス撮影です。花火を始める前にタイムラプス撮影を開始し、花火が終わったら撮影を止めるだけで簡単です。わいわい楽しむ様子が早送りで動画におさまりますよ。

▼ポイント

・スマホ用の三脚などを用いて、ブレないように気を付ける。

・目が届く範囲内でなるべく遠いところに設置し、全体が写る位置で撮影。

応用編2:#スローモーション花火 を撮ってみよう

▼完成動画

 

Kakeruさん(@kakeru.me)がシェアした投稿

ほかの人とは一味違う花火を撮ってみたいという方におすすめなのはスローモーション花火です。とくに線香花火を撮るときにおすすめ。スローモーションならではの花火の儚げな美しさを堪能できます。

▼ポイント

・スマホをそのまま花火に近づけると危険なため、ややズームして撮る。

・「AE/AFロック」を設定してから撮ることでピンボケ防止。

おすすめハッシュタグ10選

#fireworks #fireworksnight #hanabi #nightmagic #夏の風物詩 #夏の思い出 #夏かしい風景 #スマホ写真部 #スマホ写真ら部 #スマホ越しの私の世界

撮影に夢中になると、周囲のことが見えなくなりがちですよね。花火に書いてある注意事項をよく読み、事故がないよう気をつけながら撮影を楽しみましょう!

ほめられるスマホ撮影術の第8弾は、綺麗に花火を撮るコツについてお届けしました。

それではまた。

**Instagramについて分からないこと、知りたいことのリクエストお待ちしております!お問い合わせは、下記フォームよりお待ちしております。**


PAGE
TOP