1229_bannerjpg

いくつ知ってる? 2017年インスタトレンド総集編|女子大生ほなみちゃんねる vol.1

2017 12.30

みなさん、はじめまして。女子大生ライターのほなみです。

トレンドが大好きすぎて、毎日10以上のキュレーションメディアを読み漁り、呼吸をするようにインスタグラムを見ている大学3年生です。

現在、撮影女子会などを手がけ、女の子の「あったらいいな」をキーワードにしているプロデュース会社Morning Laboでインターンをしています。毎週社内向けにインスタグラムのトレンドを発信していたことから、今回kakeruで連載を書かせていただくことになりました。 この連載では、今起きている若者トレンドについて、現役女子大生ならではの視点で発信していきます!

さて、2017年も残り数日となりましたね。

今年は、流行語大賞に「インスタ映え」が選出されましたが、「2017年=インスタグラム年」と言っても過言ではないほど、若者にとってインスタグラムは欠かせないものとなりました。

そこで初連載記事は、女子大生が2017年のインスタグラムトレンドをまとめました。「加工編」「プリクラ編」「撮影テクニック編」「ストーリー編」の4つのジャンルに分けてご紹介していきます。

加工編

まずは加工のトレンドです。今年は、有料アプリランキングに加工アプリがたくさんランクインしていました。どんな加工が流行ったのか振り返ってみましょう!

フィルムカメラ風 加工

 

mikさん(@lgm_miki_official)がシェアした投稿

2017年はフィルムカメラ風の加工が大流行しました。インスタントカメラの「写ルンです」が流行ったと思えば、いつの間にか加工アプリに課金をするようになりましたね。フィルムカメラ加工は「Huji Cam」「Gudak Cam」が2トップ。大人気アプリの「VSCO」や「SNOW」で加工している子もちらほら見られました。

「日常をちょっと”いい雰囲気”、いわゆる”エモい”写真におさめたいけど、現像したり、一枚ずつ加工したりするのはめんどくさいなぁ」という需要にうまくハマったのではないでしょうか。

キラキラ加工

ここでは、キラキラスタンプ加工と「kirakira+」加工の2パターンをご紹介します。

まずはキラキラスタンプ。

 

Kanaさん(@kalnnas2)がシェアした投稿

LINE Camera」や「Bestie」などの加工アプリで、キラキラスタンプを押して加工するもの。暗くなってしまった写真に、このスタンプを押すと、画像全体の雰囲気が明るくなるので便利です。

次に「kirakira+」での加工。

 

藤田ニコルさん(@2525nicole2)がシェアした投稿

こちらは、藤田ニコルさんの投稿や、仲里依紗さんがストーリーにあげたことから一気に広まりましたね。今の時期、「イルミネーションをストーリーにあげるなら、このアプリでしょ!」という暗黙のセオリーができるほどの人気になりました。

これらキラキラ加工は、普通に撮った写真・動画よりも、圧倒的に目を引きますよね!だからこそ真似したくなる、女心がくすぐられる加工方法です。

インスタ風加工

 

mimiさん(@necomimi33)がシェアした投稿

「インスタグラムの中にインスタグラム?」と、ちょっと不思議でかわいい加工です。LINE Camera」や「Pics Art」で加工する子が多く見られました。インスタ風加工だけではなく、ロック画面やLIVE配信画面など様々なバージョンが流行り、少し手のこんだ加工ですが、多くの子がチャレンジしていました。

このような加工は、以前プリクラの落書きで流行した記憶があります。ただ写真を撮って投稿するのではなく、「少し周りと差をつけたい!」という欲求から流行ったのではないでしょうか。素材がWebで無料配布されているため、チャレンジしやすかったというのも流行した大きな要因だと思います。

絵文字キーボード

 

まこさん(@mako112574)がシェアした投稿

「キーボードの中に自分の好きなものを詰め込んじゃおう!」という、おしゃれな加工。もはや写真ではなく画像ですね。こちらは中高生の間で流行っている印象を受けます。こちらも「LINE Camera」や「Pics Art」で加工している子が多かったように感じます。

これはプロフィール帳の進化系ではないでしょうか?自分の好きなものを知ってもらいたい、同じ趣味の人と仲良くなりたい。でも、堂々とそれをアピールするのは恥ずかしいものです。絵文字キーボードであれば、アイコンや絵文字によってかわいく、さりげなくアピールできます。そんなメリットが女の子に刺さったのだと思います。

他にも「Plotagraph」による写真を動かしちゃう加工や、「SNOW」の絵文字フィルター、「サイカメラ」による#頭でっかち 加工や「Patternator」によるパターン加工など、様々な加工アプリが流行りました。

加工って、モテテクと似ていますよね。加工をするとフォロワーの反応が圧倒的に変わります。「いいね」も増える、コメントも増える、フォロワーも増える。モテまくりです。女の子は、モテる子や憧れの子がしているテクニックを真似したくなるものなんです!

投稿するのはちょっぴり恥ずかしいけど、こそっとダウンロードをして、試しに加工してみた人も多かったはずです。

 

プリクラ編

「今はスマホで自撮りするから、プリクラの時代は終わった」なんて言っている、そこのあなた!そんなことはありません。プリクラにはプリクラなりのよさがあり、まだまだたくさん利用されています。そもそもハッシュタグは「#プリクラ だけじゃないんです。」「#プリント倶楽部 」「 #ぷりんと倶楽部」など、あえて略さない方がかわいいなんていう風潮もあるんですよ。

ここではトレンドだったプリクラポーズを紹介します。

TTポーズ

 

いずみさん(@izumi_15a)がシェアした投稿

2017年の紅白出場も決定している、大人気の韓国のガールズグループ・TWICEの曲「TT」。この曲中でメンバーがやる「TTポーズ」が大流行しました。さすがにこれを知らないなんてことはないですよね?2017年大流行したポーズのひとつです。誰もが一度はこのポーズをしたのではないでしょうか。

「困り顔×小顔効果」という、かわいく見せるための魔法のポーズです。

逆ピース/逆さピース

 

risaさん(@risa__kousei)がシェアした投稿

こちらはじわじわと流行っているポーズ。フェイスラインをピースで覆って最強に小顔に見せる!おでこだけにピースを作る人もいれば、顎にも作る人がいます。

こちらは日テレ「嵐にしやがれ」のクイズコーナーにて紹介されて、嵐の二宮和也さんが真似したことから一気に流行しました。かわいいポーズなのかどうかは分かりませんが、こうやって新しいポーズを考えるのってすごい力ですよね!

脳内メーカー

 

み も り ゆ あさん(@_yuatan_)がシェアした投稿

脳内メーカーといえば、自分の名前を打つと勝手に頭の中に「H」とか「嘘」とか書かれてしまい、「うわ〜そんなこと考えてんの〜!?」なんてからかわれたイメージが…(遠い目)。今の脳内メーカーはそんなことはなく、もうすっごくかわいいんです!

撮ったプリクラの頭の中にお絵描きをするようになっていて、好きな芸能人を書いたり、好きな人を書いたり、思い悩んでることを書いたりと、とても人気の加工となっています。

こちらは「絵文字キーボード」と似ていて、自分の好きなこと・興味があることをかわいく、さりげなくアピールしたい、そんな欲求から生まれるトレンドだと思います。違う点といえば、複数人で頭の中をオープンにしていることです。この落書きをしている時の会話は、楽しいに決まっていますよね。

撮影テクニック編

続いては撮影テクニック。トレンドの撮影テクで撮った写真を投稿すると、加工と同じように自然と「いいね」もフォロワーも増えたはず。どんな撮影テクがあったか、おさらいしてみましょう!

彼女とデートなうに使っていいよ

 

Mana Ono??さん(@maaana1231)がシェアした投稿

こちらはみなさんご存知の撮影テクニックではないでしょうか?今年の5月末から流行ったこの投稿。Twitterでもインスタグラムでも大流行しました。

この撮影テクニックのすごいところは、なんといっても女の子の表情がとってもかわいくなるところ!「デートなう」を意識するだけでこんなかわいい表情になるのか、とびっくりさせられました。

#おしゃ壁 #カベジョ #ザ壁部

 

あかねこさん(@akaneko26)がシェアした投稿

こちらは、ディズニーランドに行ったら”マストで撮る”スポットになっていますね。現在工事中のイッツ・ア・スモールワールドの壁の前で撮った写真を、加工する人が多く見受けられました。まさか、工事現場だとは思いませんよね(笑)。それも、この写真を撮るために壁の前に並ぶんです(笑)。

この壁はあくまで一例ですが、「おしゃれな壁と撮った写真」をたくさん目にしました。壁でわざわざ撮影するということ自体が、新しい文化ではないでしょうか。フォトジェニックな壁を簡単に検索できる「GENIC WALL」というアプリがリリースされたのも、つい最近のことです。

壁がフォトスポットになった理由の1つとして、「邪魔なものが写り込まず、綺麗な背景と自分だけの空間が作り出せるから」ということが挙げられるのではないでしょうか。おしゃれカフェや、人気スポットってどうしても人が多く、写り込みが避けられません。「私と空間はフォトジェニックなのに、うしろにおじさん写っちゃったから、この写真ダメだ…」なんて思いをした人は少なくないはず。

今では「写り込んでしまった人を消す加工」までする人が増えています。ですが、壁であればそんな心配は一切ありません。壁の前に立てば、ステキな空間の出来上がりです。ぜひ、観光スポットを工事するときには、工事現場の壁をかわいくすることを、オススメします。

スイカドレス

 

Sakura Miyawakiさん(@39saku_chan)がシェアした投稿

とってもかわいい撮り方ですよね!今年の夏に流行した撮影テクニックで、お子さんの写真が多かったように感じます。負けじと(?)、他のフルーツのドレスもたくさん挑戦する人がいました。私も挑戦したのですが、スイカをドレス型に上手に切れず、途中で断念した思い出があります。

こちらは、撮る工程も楽しい、撮れた写真はかわいいと、欲張りな撮影テクニックです。ただスイカを食べるだけではなく、スイカの新しい可能性を見出したことが流行した要因だと思われます。

ストーリー編

最後はなんといってもストーリー!今年はストーリーが本当に流行りました。冒頭で、「2017年=インスタグラム年」と言いましたが、「ストーリー年」とも置き換えられるんじゃないかと思っています。おそらくみなさん、普通の投稿よりもストーリー投稿の方が多かったはずです。そんなみんな大好き、ストーリーのトレンドをあげてみました!

チーズタッカルビ

もうみんな本当に、チーズダッカルビ大好きすぎ。大学生のストーリーズには、1週間に1回はチーズダッカルビが流れて来ます。「ストーリー映え」なんて言葉が出てきたのも、チーズダッカルビのおかげ(?)ではないでしょうか。この他にも、お鍋にわたあめが乗っていたり、テーブルの上にデザートを作ってくれるサービスだったりと、ストーリーにはご飯の動画や写真が溢れていました。

チーズダッカルビを食べに行った際には「ちょっと待って!!ストーリー!」なんて声が、あちこちから聞こえてきます。

……わかってください。「チーズダッカルビを食べに行ったらストーリーにあげる」という使命を、若者は果たさなければいけないのです。

スーパーズーム

こちらはインスタグラムのデフォルトでついている投稿方法。あのなんとも言えない効果音が耳から離れない、なんて人もいるのではないでしょうか。授業中寝ている人を隠し撮りしたり、街中で変な落し物を見つけたり、終電を逃したことを知らせたり、なにかといろんなことに使えるスーパーズーム。

ちょっとしたことでも、スーパーズームで撮れば面白いことのような気がしちゃうんです。最近では新しい効果音も仲間入りしましたので、前の音に飽きた方は新しい音を試してみてはいかが?

スナチャの仲里依紗さんフィルター

これを聞いてパッと「あ〜あれね(笑)。」と思い出した人もいれば、知らない方もいるのでは?女優の仲里依紗さんが、ストーリーで目が宇宙人のように大きくなる「Snap Chat」のフィルターを使って、旦那さんである中尾明慶さんとのおもしろやりとりを配信していることで、一気に広まった投稿方法です。日常の愚痴や、たった今起きた変な事件などを語りかけるようにして、投稿する人が多く見られました。

このフィルターは顔が面白くなるだけではなく、声にエコーがかかることがさらに面白さを増し、愚痴を話していても面白く聞こえちゃう、魔法のフィルターなのです。

まとめ

2017年に流行ったものを紹介させていただきましたが、みなさんはいくつご存知でしたか?そして、いくつのトレンド投稿を真似しましたか?私は意外にも少なく、投稿したものは6個くらいでした。(いや、多い。)

こうやってトレンドを追うと2017年、短かったようでいろんなことがあったなと思い出されます。他のトレンドが気になる方は是非「#流行りに乗ってみた」で調べると、とても面白いですよ!

それでは、年末年始にみなさんがどんな投稿をされるのか、楽しみにしています!2018年も様々なトレンドを追っかけて配信していきますね。

良いお年をお過ごしください!


PAGE
TOP