haguki_large

諦めるのはまだ早い!!個性派就活生に役立つWebサービス3選|はぐき流、Fラン大学生の一発逆転ソーシャル就活術

2015 7.28

面接すらさせてもらえない就活生がたくさんいる。

こんにちは、はぐきです。

7月も終わりに差し掛かり、ベンチャー企業では2016年卒の就活生に内定を出している企業もちらほら。大学4年生の中にはベンチャー企業複数社から内定をもらい、すでに就活をやめているという子も結構出てきている。

内定が出始めるこの時期になると、どんどん内定をもらう友人と比較して「僕は社会に必要とされていないのかも。」と落ち込む人が出てくる。自信をなくして”就活脱落者”が出てくるのもこの時期だ。

実際に、僕のLINE@コミュニティへの問い合わせで今の時期に一番多い質問が、

「Fラン大学生です。エントリーシートが全く通らず、WEBテストも落ちてしまい、面接すら受けられていない状況です。正直自信を無くしてしまい最近はエントリーシートすら提出していません。何か良い改善策はありますでしょうか?」という内容。

いくら面接に自信があっても、エントリーシートが通らないと選考すらも受けられない。学歴というハンデがある中で、まずFラン大学生に待ち受ける第一関門である。

更に、エントリーシートをなんとかくぐり抜けても次に待ち受けるのがWEBテストや筆記テスト。就活と同時に勉強や対策をしても、いきなり高学歴の人達に勉強で勝負するのはかなり厳しい。面接までたどり着ければ選考に進める自信があるのに、面接すらさせてもらえない。そんな就活生がたくさんいるのである。

僕が就活生だった頃も、この問題にぶち当たっている学生が周りにたくさんいた。僕自身もなかなかエントリーシートが通らずに苦しんだ時期があった。

学生から前途のような質問をされた際、僕の講座を受けて頂きエントリーシートの書き方のコツなどを教えているのだが、それと同時に就活方法を変えてみる提案もしている。

「自分を変えるのではなく、就活方法を変える。」というやり方だ。

個性で勝負できる就活サイトを活用しよう

haguki003_1

大手就活サイトのように、1つの企業にたくさんの就活生が応募し、エントリーシートで振るい落とされるようなサイトを活用していては、Fラン大学生が面接まで辿り着くのは難しい。

しかし、個性で勝負できる就活サイトを活用すれば、Fラン大学生でも面接に辿り着くことが出来る。しかも個性を評価してもらい選考に進んでいるため、企業側との採用ミスマッチも少なく比較的選考も進みやすい。

学生からは「そんな都合の良い就活サイトなんてあるの?」なんて声があがりそうだが、あるんです!!!

今回は「面接に辿り着けない」と悩んでいた個性あふれる就活生に、とっておきの就活サイト3つを紹介しようと思う。

個性で勝負!Fラン大学生に役立つ就活サイト3選。

1.ミートボウル

ミートボウル

http://www.meet-bowl.com/

「得意なことで勝負する。新しい就活スタイルを提案するサイト。」がコンセプトの就活サイト。

ミートボウルは僕が大学生の時に実際に使っていたサイト。当時、Fラン大学生の友人にもミートボウルをめちゃくちゃ勧めていて、僕の友人達はみんな使っていた。

なんといってもミートボウルの一番の魅力は「得意なことで勝負できる」というところ。「ネトゲの神様採用」「ダイエット大成功採用」など、就活に全く使えると思っていなかった自分の個性が選考のきっかけになる。これはFラン大学生には非常にありがたい。

就活生は”得意”を一覧から選び、自分に当てはまる”得意”に応募。後日、就活生の”得意”を必要としている企業から連絡をもらい、3次選考や社長面接など、エントリーシートや筆記テストなどの選考を一気にすっ飛ばして面接を受けることができる。

この”得意”が本当にたくさんの種類があるため、誰でも1つは当てはまると思う。就活生には是非一度自分に当てはまる得意を探してみてほしい。

ちなみに僕は「とっておきの友人、推薦します採用」というシステムで、友人に推薦される形で応募した。これは自分の友人の中で推薦したい人を推薦文と共に応募するというもの。自分以外にも賛同してくれる友人2人以上の推薦文を集める必要がある。

僕の場合は大学の友人がこの採用に僕を推薦してくれた。そのおかげで毎年就職人気ランキングトップ50にランクインしている人気企業の選考を3次選考から進める事ができた(残念ながら5次選考で落ちてしまったが…。)。

「とっておきの友人、推薦します採用」に友人を推薦したい人はこちら

2.ベツルート

ベツルート

http://betsuroute.com/

コンセプトは「もう、ありえない、出会い。ベツルート」。あれ?どこかで聞いたことあるような気が(笑)。

その名前の通り、ベツルートでは従来の就活サイトとは全く別の方法で就活を行う。

2015年2月24日行われたベツルートのプレイベント「焼肉採用」では、2015年卒の学生を対象にイベントを実施。焼肉を食べながらイベント参加企業の社長や役員と直接話せるという変わった就活イベントだった。なんと、就活生は都内の焼肉を無料で食べ放題!!!

僕が就活生だったら焼肉目当てで絶対参加してたな…。

僕がベツルートを魅力的だなと感じる一番の理由は、「やりたくないことを選択する」というところ。

リクルートスーツ不要、エントリーシート不要、企業説明会不要、面接不要。自分がやりたくないことを選択し、あとは偶然の出会いや出来事に身をまかせる。

実際にベツルートのサイトを使ってみたのだが、やりたくないことを選択するところから企業選びが始まるというなんとも画期的なサイト。

やりたくないことを選択(ベツルート)

僕は体育会系が嫌いなので、肉体労働も営業も嫌だと選択してガチャを回してみる。

やりたくないことをやらなくていい会社が見つかった!!これは面白い。しかも、さっそく社長と会うところから選考を進められるとか。神!

3.ジョブウェブ

Jobweb

http://www.jobweb.jp/

「現在(いま)が充実し続ける就活。それが私達が考える就活。」がコンセプトの就活サイト。就活サイトというよりは就活コミュニティといった方が近いかも知れない。

従来の就活サイトと大きく異る点は、就活生の情報も公開され、ユーザー間でのコミュニケーションが取れるところ。なんと登録ユーザーの人気順検索ができる。

jobweb

就活生は自分の「特技」や「将来のビジョン」や「実績」などをプロフィールに自由に記入できる。

また、就活ブログの投稿も自由にでき、共感してもらいフォローを集めることで、人気順検索の上位に表示されることでさらに多くの人に自分のことを知ってもらう事ができる

ユーザー間でのメッセージのやりとりも出来るため、将来のビジョンに共感する人と連絡を取るのもよし。有名になれば、企業の人事担当者から直接連絡を頂くこともあるかも!?

楽しく自分の個性を活かして就活できるところがジョブウェブの魅力だと思う。実際に就活生のプロフィールを見ていると、個性あふれる面々でコンタクトを取りたくなる。

就活の型にはまらず自分だけの方法を模索しよう

内定が決まらず焦っている就活生のみなさん。諦める前に、ご紹介した就活サイトを活用してみてほしい。内定をもらっている友人と比べて、あなたが劣っている訳ではない。たまたま、従来の就活方法が合っていなかっただけかもしれないのだ。

諦めるのはまだ早い。あなたの個性を活かしてぜひ就活戦線を勝ち抜いてもらいたい。

====

就活相談・転職相談をしたい方は、ぜひ申請してください!

友だち追加数


PAGE
TOP