pin_top

Pinterest × 海外で働く女性「ビジョンとアクションで夢は叶う!」イベントレポ(後編)

2015 5.22

こんにちは、えとみほです。

本日は、4/21に行われたkakeruオープンプレイベント「Pinterest × 海外で働く女性」イベントレポートの後編をお送りいたします。前編はこちら

ミャンマーで起業した新谷夢さんのビジョンボード活用法

P1240628

お次の登壇者は、新谷夢さん。新谷さんはミャンマーでお土産やさんを経営しているアントレプレナーですが、なんとビジョンボードを作ることで「海外で起業する」という夢がかなったとか。

具体的には次のような効能があったそうです。

 1. 目標が明確になる

 2. 他人のボードを見て刺激を受ける

 3. 同じ夢を持った人とつながる

オフラインではなく、オンライン(Pinterest)でビジョンボードを作る最大のメリットは、上の2と3にあるような気がします。なでしこVoiceの浜田さんもおっしゃっておられましたが、人に公言することには、単純に自分を追い込むという側面以外にも、同じ思いを共有できる同志ができるという面があります。

 

そして、新谷さんのもう1つの活用法で「いいな」と思ったのが、理想のお店の内装イメージを整理するのにPinterestを活用されているということ

Follow yume shintani’s board おしゃれな店舗作り on Pinterest.

Pinterest Japanの中島さんのお話では、Pinterest社のオフィスも同じ方法で内装をオーダーされたということなので、今後はPinterestをデザインイメージの伝達手段として活用するケースが増えてくるのではないでしょうか。

夢を叶えている人は人知れず努力しているという話

最後の登壇は、Pinterest Japanの中島歩さん。

中島さんは、外資系のリサーチ会社でキャリアをスタートされ、その後Facebookを経てPinterestに参画されたという眩しいばかりの経歴をお持ちのキャリアウーマンです。

しかしそんな中島さんも、なんとなく漫然と過ごしていて今のポジションを得たわけではなく、常に「こうなりたい」「こうしたい」というイメージを意識し、ビジネスや語学の勉強などをコツコツがんばってきたとのこと。

お話を聞いて、ちょっと自分が恥ずかしくなってしまいました…。

というのも、えとみほも外資系の会社にしばらくお勤めしていたのですが、周りはみんな英語の勉強なんかしたことがないような帰国子女ばかり。富山の田舎に生まれて18歳まで海外になんか行ったこともなかったわたしは「ずるい!人生のスタートラインが違う!!」と、ハナから努力を放棄していたのです。

でも、そんなふうに見える人たちも、裏側ではちゃんと努力をされているのですね。反省。

P1240938  

IMG_0519

中島さんのビジョンボード。「毎日英語の雑誌を読む」という目標をビジュアル化。  

IMG_0520

プライベートな目標は「ランニングを始めること」という中島さん。おしゃれなギアをすかさずリピン。

ビジョンボード作りにトライ!

第二部は、Pinterestにアカウントを開いて実際にビジョンボードを作ってみましょう、というワークショップ。3〜4名で1組になってビジョンボードを作り、お互いのボードを見せ合って意見交換をしました。

IMG_0532  

少人数制のワークショップということで、リラックスした雰囲気です。

P1250341  

 

帰りにはおみやげとして、Pinterestマークの入ったかわいい布バッグもいただきました(このバッグ、ちょっとお出かけするのにすっごく便利なんですよね!)。

P1250434

結局、Pinterestとは何なのか?

今回、ビジョンボードを作ってみて強く思ったのは、Pinterestは検索エンジンに近いものだということ。Googleにも画像サーチはありますが、Googleと大きく違うのは、検索結果に他の人が作ったボードも表示できるということです。

これにより

 ・自分と同じ趣味趣向の人と出会える

 ・ゼロから画像を集める必要がない

この2つのメリットが享受できます。これ、めちゃめちゃ便利ですし、楽しいです。

もう1つ、中島さんからのお話にもあったのが、Pinterestは「過去」ではなく「未来」志向だということ。たとえば「将来こういうふうになりたい」「部屋の内装をこんなふうにしたい」「こんな髪型にしてみたい」「こんな服を着てみたい」と思ったときに、Pinterestがパワーを発揮するのだと。

そしてもちろんソーシャルの機能もあるので、他人にそのイメージを伝えられるというのも魅力です。

というわけで、気になった方はぜひPinterestでビジョンボードを作ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、えとみほのPinterestアカウントはこちら。フォローしてくださいね。

Visit Miho’s profile on Pinterest.


PAGE
TOP