esl_00_eyecatch

「エフェメラルSNSラボ」を設立しました|エフェメラルSNSラボ

2016 7.13

こんにちは。エフェメラルSNSラボ所長の飯塚みちかです。

このたび、kakeruを運営している株式会社オプト・ソーシャルメディア事業部では、「エフェメラルSNSラボ」を立ち上げることとなりました。今後、セミナーを開催する他、kakeruを通じて情報の発信もおこなっていく予定です。

「エフェメラルSNS」とは?

「エフェメラルSNS」という言葉に聞き馴染みのない読者のみなさんも多いと思います。エフェメラルSNSとは、投稿内容が一定時間を経過すると消えてしまう仕組みになっているSNSのことです。日本では「消える系SNS」と呼ばれることもあります。

若年層の間で流行している代表的なエフェメラルSNSに、SnapchatSNOWが挙げられます。これらのエフェメラルSNSには、投稿内容が一定時間を経過すると消えてしまうことの他に、「写真・動画の撮影時に画像加工が行われるため面倒な加工が不要」という特徴があります。より素に近い、ありのままの自分を身近な親しい人と共有したいという若者の心理から、このようなSNSが好まれる傾向があるようです。

現在、Snapchatの流行を筆頭に、マーケターや感度の高いSNSユーザーの間では、エフェメラルSNSに対する注目が集まっています。しかし、エフェメラルSNSについての国内での情報はまだまだ少なく、活用ハードルの高いSNSとなっているのが現状です。

わかりにくい「エフェメラルSNS」について、わかりやすくお届けします

エフェメラルSNSラボは、日本ではまだ「よくわからない」という方の多いエフェメラルSNSについて、マーケターやユーザーのみなさんの理解を深め、エフェメラルSNSでのコミュニケーションをもっと楽しんでもらうために設立されました。

国内外の事例紹介はもちろん、kakeruの運用方針に則り、インタビューやユーザーインサイト調査など独自の一次情報もたくさんお届けできるよう、様々な企画を準備しています。

読者のみなさまに「わかりやすい!」「エフェメラルSNSっておもしろい!」と感じてもらえるような記事をご紹介できるよう努めて参りますので、これからなにとぞよろしくお願いいたします。

エフェメラルSNSラボ

所長 飯塚みちか

 

【関連記事】

消える系SNS、オワコン化させないカギは「場面」で「自撮り」!?|エフェメラルSNSラボ(連載01)


PAGE
TOP